Twitterが新機能「音声ツイート」をiOSでテストも、すでに海外メディアは“課題”を指摘

Twitterが新機能「音声ツイート」をiOSでテストも、すでに海外メディアは“課題”を指摘

 Twitterは、新機能である「音声ツイート」をテストローンチしたことを発表した。

 『Twitter』公式アカウントは6月18日、「あなたの声をツイートできます! iOSで本日から展開し、音声を録音してツイート出来るようになりました」とツイートしている。

数週間後に正式にローンチ

 当面は、iOSで限定されたグループが利用可能で、数週間後には、正式にローンチされる予定だという(参考:https://blog.twitter.com/en_us/topics/product/2020/your-tweet-your-voice.html)。

 実装されるとツイート作成の画面で、カメラアイコンの横に新たに波形アイコンが表示される。それをタップすると、画面下部に赤い録音ボタンが表示される。あとは、タップしてメッセージの録音を開始するだけだ。

 音声ツイートは最長140秒の音声をキャプチャし、ツイートの制限時間に達しても話し続けると、新しい音声ツイートが自動的に開始され、スレッドが作られるという。ユーザーは音声を使ってツイートにリプライすることは出来ないとのことだ。

 これまで段階的に、写真、動画、GIFをツイート出来るようになってきたが、新たに音声が加わった。文字だけでは、伝わりにくいニュアンスが、音声であれば分かりやすい。Twitterは、この新機能で、人間らしさを加えることを意図しているという。

 『The Verge』は「この機能がAndroidに、いつ登場するかについては言及がない」としている(参考:https://www.theverge.com/2020/6/17/21294481/twitter-audio-tweets-now-available-iphone-ios)。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

映画部Pick Up!