STYLYがARコンテンツの制作に対応 スマホやタブレット向けにコンテンツ配信が可能に

 株式会社Psychic VR Labは、STYLYのシステムアップデートを実施し、ARコンテンツの制作に対応したことを発表。これによりスマホ、タブレット(iOSおよびAndroid端末)向けにARコンテンツを配信することが可能となった。

 今回のアップデートにより、STYLY Mobileアプリ向けのARコンテンツ制作および配信をすることが誰でも可能となった。制作したARコンテンツは、最新版STYLY Mobileアプリで体験することが可能となっている。

 STYLY Studioは、Webブラウザ上でノンプログラミングでxRコンテンツを構築できるツール。STYLY Studioで作成したコンテンツは、従来はVR HMD、Webプレイヤー(PCのWebブラウザ上で3D空間を体験できるもの)での閲覧、体験に限られていたが、今回のアップデートにより、STYLY StudioでARコンテンツを作成し、スマホ、タブレット向けに配信が可能となった。STYLY Mobileアプリがインストールされていれば、即座にARコンテンツを体験することができる。

アップデートの主な内容

■今回新たに追加された機能・特徴
・AR/VRシーン作成用のテンプレートを用意
 STYLY Studioにてシーン新規作成時、ARおよびVRのテンプレートを選択するだけでそれぞれに対応したコンテンツを作成できる。

AR/VRテンプレート選択画面

・体験時に必要なSTYLYマーカーを自動で発行・表示
 ARコンテンツ公開時、STYLYマーカーを自動で発行。STYLY Galleryにアクセスした際、ARコンテンツの場合はSTYLY マーカーを表示、ダウンロードできる。これをSTYLY Mobileアプリで読み込むことですぐにARコンテンツを体験できる。

ARコンテンツの場合の STYLY Gallery 作品ページ(STYLY マーカー表示時)

■改善点
・シーン一覧、シーン情報設定画面へのアクセスしやすさの改善(非WebGL画面の追加)
 従来STYLY Studioは起動に時間のかかるWebGLの画面の起動を待ってから、シーン一覧表示や、タイトルなどシーン情報の設定が可能だった。これを新たに非WebGLの画面を用意することで、時間をかけずに表示、設定することが可能になった。

シーン一覧画面
シーン情報設定画面

■従来から変わらない特徴
・プログラミングなど行うことなく、Webブラウザ上でxRコンテンツを構築可能
・ワンクリックでxRコンテンツの公開・配信が可能
・多種多様なファイル形式をサポート。2Dの画像や映像もかんたんにxR空間に配置可能。
・Unityで作ったコンテンツはそのままアップロードしてxR空間に配置可能
※STYLYのARコンテンツ制作方法についての詳細はこちらをご覧ください。

■関連リンク
STYLY Gallery
※制作にはSTYLYアカウントの登録が必要です。「SIGN UP」ボタンよりご登録ください。
STYLY Mobileアプリ ダウンロードリンク
App Store
Google Play
※すでにSTYLY Mobileアプリをダウンロードされている方も、STYLY Studioで制作したコンテンツをご体験頂くには上記の各リンクより最新版へのアップデートが必要となりますのでご注意ください。

■関連リンク
STYLY Official Site
・STYLY Mobile
Google Play
App Store
株式会社Psychic VR Lab

 

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「ニュース」の最新記事

もっとみる