川口春奈、手料理動画で発揮する“気取らない魅力” YouTubeチャンネル100万人登録も秒読みに

 女優の川口春奈が5月18日、自身のYouTubeチャンネル「はーちゃんねる」に「ひとりタコパ」をする動画を投稿した。

ひとりタコパ!【はーちゃんクッキング ~たこ焼き編~】#stayhome

 視聴者から届いた「料理をしているところがみたい」というリクエストに応えて誕生した「はーちゃんねる」内企画「はーちゃんクッキング」。4月26日には第1弾として「肉じゃが編」を公開。「料理は目分量」を合言葉に、「テキトーです、テキトー」「口の中に入れば一緒だから」と、男の料理顔負けの豪快な料理風景を披露して、視聴者から好評を博していた。

 今回は第2弾として「ひとりタコパ」に挑戦。川口は、「たこ焼きはお家で出来る楽しいお料理だと思う」と外出自粛中の視聴者への配慮を見せ、「ひとりタコパは初めてなのですが、具材もいっぱい用意したし、遊びながら作っていきたいなと思います」と言って料理を開始した。

 この日使用したタコ焼き器は、川口の私物。「何が良いかってガスなんですよ。火が強くて中まで火が通りやすい」とメリットを伝えつつ、早速、タネを流し込んでいった。しかし、表面の鉄板が十分に熱せられる前だったため、タネになかなか火が通らない。そのため「早かったね」と後悔した川口だったが、「まぁ、でも目分量だから。腹に入ればしまいの話ですよ」と気にせず、黙々とタネを流し込んでいった。

 その後、具材を投入し、頃合いを見計らって、たこ焼きを豪快にひっくり返していった川口。すべてひっくり返し終えると、紅ショウガ、天かすなど、タネの中のものが散乱した鉄板を見て、一言「汚ねぇな~」とつぶやいた。

 そうこうしているうちに、たこ焼きは完成。川口は一口食べて「ん~、美味しい!」と笑顔に。食べ終わると、またお料理を作っていきたいと思うので、ぜひ、『はーちゃんクッキング』、“いいね”してください」「ごちそうさまでした~」と言って、締めくくっていた。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

映画部Pick Up!