“隠れARMY”のヒカキン、BTSとの夢のコラボが実現する可能性は?

 ファンになるきっかけは、2017年末に放送された音楽特番『MUSIC STATION SUPER LIVE 2017』(テレビ朝日系)。同番組に実兄のセイキンと出演したヒカキンが、出番待ちの時、たまたま近くにいたBTSに挨拶をしたところ、2人だけのために音楽番組やコンサートでやるような挨拶をメンバー全員で実演してくれたのだとか。さらに、リーダーのRMは「知っています」とヒカキンの存在を認知していたらしい。これらの出来事に、ヒカキンはいたく感動したようだ。

 『Mステ』での共演以来、「ここまでエンターテイメントの世界で成功したアジア人はいないんじゃないか」という思いもあって、BTSの動画や楽曲をチェックするようになったというヒカキン。2018年4月には、自身のTwitterに「BTSの握手会ハズれた」と悔しがるつぶやきをしているあたりに、その熱中ぶりがうかがい知れる。

 今でこそオールジャンルYouTuberとして活躍するヒカキンだが、もともとの出自はヒューマンビートボクサー。それに過去には、エアロスミス、NE-YO、アリアナ・グランデら世界の有名アーティストとコラボした実績もある。今回のようなラブコールをヒカキンが送り続ければ、いつしか、ヒカキン×BTSの夢のコラボが実現するかもしれない。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

映画部Pick Up!