YouTubeで急増中の「ボイスコミック」とは? 若者の漫画需要拡大に新たな可能性

 YouTubeで「ボイスコミック」というジャンルが今、ちょっとしたブームになっているのをご存じだろうか?

 「ボイスコミック」とは、マンガに声優が声をあてた動画コンテンツのこと。ラジオなどで聴ける朗読劇と違って「絵」がある一方、アニメとは異なり絵が活動しない。静止画のみだ。

 ボイスコミック自体は、とくだん、真新しい施策ではない。古くは2007年11月、集英社がかつて運営していたサイト「s-cast.net」で、“VOMIC”の名称で配信されており、同サイトでは、『ジョジョの奇妙な冒険 Part7 スティール・ボール・ラン』の一部などが配信されていた。

 YouTube上で流行りだしたのは、2018年ごろ。小学館の『ちゃお』、集英社の『りぼん』『別冊マーガレット』といった大手出版社が刊行する少女雑誌のYouTubeチャンネルにコンテンツがアップされるようになり、広まっていった。取り扱われる作品の種類としては、会話劇中心のラブコメが圧倒的に多い。

 なぜ、ボイスコミックは少年漫画ではなく、少女漫画が多いのだろうか? また、どうしてラブコメの会話劇ばかりなのだろうか?

 その理由としては、バトル漫画、冒険漫画にありがちなマニアックな設定があまりないことが挙げられる。たとえば、『ちゃお』で連載されている『キョーダイなんかじゃいられない!』のボイスコミックは、仮に「第1話 《前編》」ではなく、「第1話 《後編》」から見たとしても、冒頭で「イケメン双子が私の兄弟!? 『キョーダイなんかじゃいられない!』第1話後編!」と説明してくれるので、なんとなく話の筋はわかったりするのだ。

【ボイスコミック】「キョーダイなんかじゃいられない!」第1話 《前編》

 また、KADOKAWAの公式チャンネルで視聴できるWEB漫画『ヤンキー君と白杖ガール』のボイスコミックは、最恐ヤンキーと弱視の女子高生によるラブコメというほんの少し特殊なラブコメではあるものの、最初にしっかり2人の人物像を説明してくれる。それに、2人の会話とナレーションが中心であるため、話を追いかけやすい。

【ボイスコミック】『ヤンキー君と白杖ガール』【音声ガイド風ナレーション付】

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「コラム」の最新記事

もっとみる