YouTuberチャート分析:『やべっちFC』がYouTube参入で急上昇 独自の取材力で視聴者数はさらに激増か

参考:NoxInfluencer「Top 100 登録者増加数Youtuberチャンネル」

 1週間で注目を集めたYouTubeチャンネルをピックアップし、その理由を探る本企画。YouTuberに関するデータを提供する「NoxInfluencer(ノックスインフルエンサー)」による「Top 100 登録者増加数Youtuberチャンネル」」(2月2日更新/対象期間は1週間)を参照した。

NoxInfluencer「Top 100 登録者増加数Youtuberチャンネル」より(2月2日時点)

 この1週間でもっとも登録者数が増加したチャンネルは、お笑いコンビ・ナインティナインの矢部浩之や、元日本代表として活躍し現在は解説者・コメンテーターとしても活動する中山雅史などが出演するスポーツ番組『やべっちFC〜日本サッカー応援宣言〜』(以下、やべっちFC)のYouTube公式チャンネル「やべっちF.C.公式チャンネル」(↑129.1%/登録者数3.7万人)。同チャンネルでは、番組では放送できなかったトークや天皇杯で優勝を果たしたJ1のクラブチーム「ヴィッセル神戸」の祝勝会の様子などの動画を公開。また、東京五輪世代のルーツを紹介する「やべっちPlayer’s roots」から、同番組ではお馴染みの「ハーイ!やべっち」といった動画も10万を超える再生数を記録している。

 中でも、選手自らがカメラを持ち、合宿や普段のトレーニング中でのコミュニケーションを映した「デジっちが行く!」は好評のようで、1月27日に公開された「[フルバージョン]デジっちが行く!横浜F・マリノス編」では、同チャンネル初の20万以上の再生数を記録。登録者数も1日で7000人以上増加したようだ。サッカーファンであれば、オフ期間中の様子から選手たちのコンディションを予測し、来季の順位を予測するのも楽しみの一つ。今年で放送18年目に突入する『やべっちFC』独自の取材力を活かした動画で、これからも視聴者数は増加の一途を辿りそうである。

[フルバージョン]デジっちが行く!横浜F・マリノス編

 2位には、新進気鋭のチャンネル「えす郎」(↑101.6%/登録者数2.5万人)がランクインした。9月22日に同チャンネルに初めて投稿した動画「【DIY】築40年の砂壁和室をセルフリノベーション!【劇的ビフォーアフター】renew an old Japanese house」では、築40年の和室をセルフリノベーション。動画の後半では、えす郎本人がチャンネルの方向性や自身の好きな物やアーティストを語る内容となっている。

 注目すべきは、えす郎のビジュアル面。「イケメン」「顔が良すぎる」といったコメントが目立っており、端正な顔立ちが視聴者を惹き付ける一つのフックになっていることが窺える。同チャンネル3本目にあたる動画では、“大人の店”に行ったエピソードを暴露しており、これが2月2日時点で76万回以上も再生。この動画では、サムネイルにえす郎のビジュアルが使用されているのだが、イケメンが大人の店の話をするというギャップが凝縮されている絵面から、多くの視聴者の興味を引けたのではないかと予想できる。

【ナイトルーティン】居酒屋で働く男の帰宅から寝るまでのリアル生活【生活音】

 1月28日には、3800人もの登録者数を伸ばした。同日にアップされた動画「【ナイトルーティン】居酒屋で働く男の帰宅から寝るまでのリアル生活【生活音】」のサムネイルには、えす郎がタバコを吸う姿が採用されており、コメント欄でも「こんないけめん吸ってんのなら、ぜんぜん吸ってくれ」「無料でイケメンの生活見れるなんてYouTube様様だなー」などの声が寄せられていた。また、ASMR要素も含まれていることから、ビジュアルの良さに動画で表現できる面白味をプラスしたことが、登録者数を増やすキッカケになったと思われる。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「コラム」の最新記事

もっとみる