乃木坂46伊藤純奈、西野七瀬らとの仲良しグループ・スイカの新年会を報告「引き続き仲良くしていきたい」

乃木坂46伊藤純奈、西野七瀬らとの仲良しグループ・スイカの新年会を報告「引き続き仲良くしていきたい」

 乃木坂46のメンバーが、毎週月曜~金曜に日替わりで出演するライブ配信サービス「SHOWROOM」上の帯番組『のぎおび⊿』。1月29日の配信には伊藤純奈が登場し、近況トークを繰り広げた。

 現在舞台「阿呆浪士(あほうろうし)」に出演している伊藤。24日に行われた東京公演の千秋楽を振り返って、「実は3~4日前から喉を壊しまして、もう本当に裏では声がガラッガラで出なくて。(舞台から)はけたら、薬を飲んで、喉に良いゼリー、漢方みたいなのをめちゃくちゃ摂取してってやってたの」と明かし、「でももう治りました。もう完璧な状態なので、頑張りますね」と、31日から始まる大阪公演に向けて意欲を見せた。

 続けて、「舞台が終わったらすぐにバースデーライブのほうに行って。で、バースデーライブが終わったら、すぐ2期生(ライブ)のほうに行って結構、バタつくんですけど」と言い、「皆さん、3月7日、開けとくんだぞ! (佐々木)琴子も卒業を発表して最後のライブになるので、皆さんで見送りましょう」と呼びかけた。

 また、次回の配信担当メンバー・久保史緒里に向けて宿題を出題する場面も。伊藤は乃木坂2期生で、久保は3期生。先輩・後輩の間柄だが、伊藤は久保を「史緒里」、久保は伊藤を「純ちゃん」と呼び合うなど、先輩後輩の垣根を越えて、姉妹のように仲が良い。

 伊藤は、宿題用のフリップボードに「純の好きなところを教えて」と書きながら、「でも、史緒里、30分(※『のぎおび⊿』の配信目安時間)使っちゃうかも知れない」とニヤリ。「すっごい早口でしゃべるかも知れないから、みんなちゃんと聞き取るんだよ」と注意勧告しつつ、「ちなみに、純奈の史緒里の好きなところは、心を開いた相手にずっとくっついてくるところ」と微笑んだ。

 久保の話は続き、伊藤は久保、衛藤美彩と共に出演した2018年1月~2月公演の舞台「三姉妹」の時を振り返って、「最初は全然仲良くなくて。彼女(久保)が人見知りだからしゃべれなくて。でも、純奈も一生懸命話しかけて、で、けっこうガッて仲良くなって、2人で稽古の帰りにイルミネーションを見た記憶がある。懐かしい。そんなこともありました」と目を細めた。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「ニュース」の最新記事

もっとみる