島田紳助、山下智久、藤原竜也……YouTube動画に超大物が続々ゲスト出演する理由は?

 そんな中で忘れてはいけないのは、タレントのYouTuberデビューというトレンドを作ったとも言える、“YouTuberカジサック”ことキングコングの梶原雄太だ。梶原は2018年10月に「2019年末までにチャンネル登録者数100万人突破しなければ芸能界引退」という悲壮な覚悟を持ってこの業界に飛び込んだ。それ以来、ナインティナインの岡村隆史、極楽とんぼの加藤浩次、オール巨人など、数々の大物芸人をゲストに迎え、“YouTubeデビュー”させることに成功。こうしたカジサックの働きかけによって、ネームバリューのあるタレントがYouTuberの動画に出演するハードルは確実に下がったと言える。

 すでに抜群の知名度を誇る芸能人が、YouTuberの動画に出演するメリットはどこにあるか。まず、トレンドの発信源としてのYouTubeに関心を持つのは自然なことで、ミリオン再生が珍しくないトップYouTuberの動画に出演することには、これまでのファン層とはまた別の大きな広がりを生む可能性がある。また、テレビなどと比較すれば制約が少なく、自由な表現がしやすいことも、特に“大物”にとってはメリットと言えるかもしれない。

 何より、山下智久のように、「そのクリエイターが好きだから」という理由でコラボするケースも多く、こうした動画では、普段は憧れられる側のスターがはしゃいでいる様子がファンにとっては新鮮であり、またYouTuberサイドから見ればチャンネルの格が上がるという、「タレント・YouTuber・それぞれのファン」の誰もが幸せになる取り組みだと言えるだろう。今後もあっと驚くような有名人が、ナチュラルにフィッシャーズやラファエルの横にいる、というサムネイルを、YouTube上でしばしば見かけることになるに違いない。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「コラム」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる