元NMB48門脇佳奈子が振り返る、YouTuberとしての1年間と吉田朱里に学んだこと

元NMB48門脇佳奈子が振り返る、YouTuberとしての1年間と吉田朱里に学んだこと

 元NMB48・門脇佳奈子の立ち上げたYouTubeチャンネルが、10月26日に1周年を迎えた。同チャンネルは、グループ在籍時から趣味だと公言していた釣りの動画や、食べる姿が“美味しそう”と話題の食事系動画、女性登録者向けのメイク・コスメ動画、最近では台湾旅行のVLOGが人気を博すなど、さまざまな動画を日々発信している。

 リアルサウンドテックでは、チャンネルの1周年を記念して門脇にインタビュー。立ち上げの経緯や苦労したこと、先んじて個人でのYouTuber活動を始めていた吉田朱里に学んだことなどを含め、彼女のパーソナリティに迫った。(編集部)

【記事の最後に読者プレゼントコーナーあり】

「最初の動画は2〜3週間かかった」

ーーまずは、YouTubeを始めたきっかけから教えてください。

門脇:YouTuberとして活動を始めたいというのは、ずっと心のどこかで思っていたんです。でも、YouTuberは撮影から編集まで全て1人なのでハードルが高いなと思いつつ、いろいろと考えていた期間が半年ぐらいありました。私、タレントの活動が、バラエティ番組でのMCのアシスタントがすごく多くて。立ち位置的にしっかりしないといけないし、前に行き過ぎず、基本的には台本を読むだけ、という感じで。そんななかで、「自分のしたいことが本当にやれているのかな……」と考えたときに、やっぱり1番近いのがYouTubeだと思ったんです。自分のチャンネルなのでやりたいことが全部できると思って始めて、しがらみからも解き放たれました。

ーーもともとYouTubeは、いち視聴者として見ていたんですか?

門脇:そうですね。暇つぶしにも見ていましたし、NMB48で同期の吉田朱里がYouTuberとして活動しているのもチェックしていました。大変なのにこんなに楽しそうに、しかもどんどん動画を上げていて「すごいなー」と。

ーー吉田さん以外に好きなYouTuberはいますか?

門脇:あさぎーにょさんは、同じ関西人ですごく親近感が湧きますね。アーティストとしても活動されていますし、いろんなジャンルに挑戦していてすごいなと思います。ほかには、食べる系のロシアン佐藤さん、釣りが趣味で魚を捌いたりもするので、勉強にきまぐれクックさんを見たり。私も食べる系の動画を出しているので、どういったものがみんな見たいのかなと、参考にしています。

ーー初めての動画が2018年10月、「釣った魚で漬け丼を作って食べる」という企画でした。やはり、最初は趣味の釣りということで。

門脇:YouTubeを始めたら、無理やりにでも釣りのスケジュールを作ってくれるかなと(笑)。でも、自然を相手にすることでもあるので、雨だったり、晴れていても風が強かったらダメとか、釣りだけだと動画の本数が少なくなってしまって。更新を待ってくださっている方がいるので申し訳ないなと思って、釣り以外のことも始めたら、まさかのそっちの方が好評やったという(笑)。今は、釣りチャンネルは別にして、自分の好きなこと、やってみたかったことを上げていますね。

【釣りYouTube開始】釣った魚で漬け丼を作って食べてみた。

ーー動画は自分で編集しているわけですよね。

門脇:どうせやるなら全部自分でしたいなと思って始めました。それまでパソコンも触ったことがなかったですし、「編集って何? テロップって何? 音って何? カットインって何?」と、ゼロからのスタートだったんです(笑)。事務所にも入っていますし、手伝ってくれる方はいるんですけど、企画から編集までを自分でやって、「門脇佳奈子チャンネル」の反応を受け取った時の方が、今後もやる気に繋がるんじゃないかと思って、事務所にもそう伝えました。

ーー最初の「漬け丼」の動画からきちんと編集されている印象で、それまでパソコンも触ったことがなかったというのは驚きです。

門脇:あの1本だけで、たしか2〜3週間かかりました。例えば、食べるだけのYouTubeだと動画を回しても30、40分なんですけど、釣りとなるといつ釣れるか分からないし、ずっとカメラを回しておかなきゃいけないしで、2〜3時間録画しているんですよ。

ーー膨大な量の素材が……。

門脇:そうなんです。それを10分の動画にするって、今考えると「なんでそんなハードル高いところから始めたんやろう……」と思うんですけど(笑)。何も分からないので、釣れてないとこを全部カットするところから始めましたね。今はもっとスピーディに編集もできますし、やっぱり手間はかかりますけど、釣りの動画を上げるとみなさんが喜んでくださっているのがコメントからも直に分かるので。それは今までの仕事の中でもトップクラスにテンションが上がる瞬間で、「自分の作ったものでよろこんでもらえた!」と手ごたえを感じました。

ーー責任感もあるし、それだけ手応えがあった時の反響は大きいけど、ダメだった時はへこむと。

門脇:へこみますね(笑)。全部数字に出るので、よくも悪くも。

ーー試行錯誤の中には失敗からの学びというのもあると思うんですけど、今年7月に上げたペヤングの大食い企画では、音声が録れていなかったという事故もありましたね。

【ペヤング超超超大盛GIGAMAX】完食するも機材トラブルで2日連続完食

門脇:これは練りに練った動画というわけではなく、ペヤングの「超超超大盛りGIGAMAX」(※通常のペヤングの4人前)が一時期SNSにすごい上がっていて、カップ麺の中でもペヤングが1番好きなので「あれ? 食べられるんじゃない?」と思って、次の日に撮った動画なんですよ。なので、まさかあんなに再生回数が行くなんて想像していませんでした。1回目まさかの音声トラブルで、かといって動画をお蔵入りにするのもちょっと悔しいので、撮り直しで急遽企画を変更して、次の日にもう1回食べたりして。動画の出し方を変えるのが大変だったんですけど、本当に2つ食べたんだということでチャンネル登録者数がまた増えたり。食べているのを見るのが好き、美味しそうに食べるね、と言ってくださる方もすごい多いです。食べているだけの動画でも、動画として見るのがつらいかもと思ったら撮影中に企画を変えたりしています。

ーーその場でパッと判断して臨機応変にできるのはさすがです。

門脇:編集で変えてしまうところもありますし、それはたぶんYouTubeしかできないことだと思っています。台本もないですからね。

ーー自分で企画、編集をやっているからこそですよね。

門脇:そうなんです。今までだったらテレビに出るだけやったけど、それ以外の見えないところでこんなに大変なことをしてたんだと、すごい勉強になります。今、テレビを見ていると、このタイミングでテロップを出すのかとか、こういうカット編集の仕方あるんやとか、そういう目で見られるようになったので(笑)。

ーー裏方の動きをよく見るようになった。

門脇:そうですね。照明ここから当てるんやみたいな(笑)。照明はすごい難しいと吉田朱里とも言ってたんですけど。この間、テレビの収録に行った時も、あっちから当ててたねと話していました。

ーーもともとNMB48として活動していたからこそ感じる視点かもしれないですね。

門脇:NMB48に入ってなかったらこの仕事もしてないですし、NMB48の時のファンの方もついてきてくださっているのが嬉しいです。引き続き見ていただきたいんですけど、とはいえ、もっと別の層の方からも見ていただきたいので、そのバランスがすごい難しいんです。NMB48時代からのファンの方は何をしても応援してくださるので、私が好きなことに挑戦しやすいですし、新たに私を知ってくれた方は「こんなお酒を飲むのに、アイドルグループをやっていたんだ」と興味を持ってくださる方もいるので、さらに世界が広がって充実した活動を送れていますね。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「インタビュー」の最新記事

もっとみる