中田英寿、イチロー……“メディア嫌い”のスポーツレジェンド、なぜ続々YouTubeデビュー?

 元サッカー日本代表のエース・中田英寿、メジャーリーグを席巻したイチローと、スポーツ界のレジェンドが立て続けにYouTubeに登場し、話題を呼んでいる。

 中田とイチローは現役時代、どちらもマスメディアでの発言に慎重で、日々向けられるカメラの前で寡黙を貫いてきた節がある。「孤高の求道者」というイメージもある二人が、YouTubeという比較的自由なプラットフォームの上で、生き生きと自分語りをしているのが印象的だ。

 中田はこの11月から、公式チャンネル「Hidetoshi Nakata Official」に動画投稿を開始。11月22日現在、アーカイブはまだ4本だが、その内容は驚くほど濃い。

中田英寿「20年目の旅」#1 | ペルージャ

 「中田英寿『20年目の旅』」と銘打たれた同コンテンツは、中田が現役時代に渡り歩いたイタリアの5クラブ5都市を巡る旅をするというもの。その中で、スポーツライターの金子達仁氏がインタビューをしているのだが、「ペルージャへ行くときに、イギリス、スペイン、フランスのクラブからもオファーがあった」「(ASローマ時代)何が難しいって、トッティの言葉がわかりづらい。本っ当にわかりづらい!(笑)」(※トッティは生粋のローマっ子でローマ方言が激しい)など、当時のサッカーファンが思わず聞き入ってしまうような秘話を次々と披露しているのだ。

 この動画、1本1本がまるで地上波の紀行ドキュメンタリーのようによく作り込まれている。「イタリア5都市」を巡るということなので、これからパルマ、ボローニャ、フィオレンティーナと「旅」が続くのは間違いなく、今後どんなエピソードが語られるのか注目だ。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

映画部Pick Up!