有吉弘行、『ドラクエウォーク』で歩き続け竹下通りに迷い込む 「3連休のど真ん中、地獄だった」

 タレントの有吉弘行が9月22日、MCを務めるラジオ番組『有吉弘行のSUNDAY NIGHT DREAMER』(JFN系)にて、スクウェア・エニックスの位置情報ゲームアプリ『ドラゴンクエストウォーク』(以下、ドラクエウォーク)について語っていた。

 この日は、21日にどぶろっくの優勝で幕を閉じた『キングオブコント』の話題から、「あとはM-1、R-1ですか」と、お笑い界の行事について語り出した有吉。大好きな大相撲も御嶽海の優勝で大盛り上がりだが、「実は今回、あまり見られていない」という。その理由は、12日にリリースされた『ドラクエウォーク』にどハマりしているからだ。

 『ドラクエウォーク』は現実の街にRPGの世界を重ね、目的地を設定して歩くことで物語が進行するゲーム。有吉は前回放送でも、リリース翌日に15キロ歩いたことを明かしていたが、この日も「ず~~っと歩いているんですよ。もう、旅人のように歩いてます。電波少年でヒッチハイクやってるときより、俺歩いてると思う」と一言。多忙を極めるなかで、1日平均で10キロも歩いているという。

 この日も午前中に10キロ歩いてきたという有吉。モンスターを追いかけて歩いていると、気づけばなんと人で溢れる原宿・竹下通りを歩いていたそうで、「3連休のど真ん中の竹下通り、地獄だったよ。めちゃめちゃ人多いんだね。おじさんだから見つかっても騒がれるわけじゃないけど、早く抜けたいじゃん。でも、みんなお店見たい、ご飯食べたいと思うから、トロトロ歩くよね。仕方ないんだけど。大したモンスターもいないしさ……」と、不満をこぼしていた。

 ちなみに、有吉のパーティのレベルは現在39で、ストーリーの進行状況としては第5章の4話に挑戦中とのこと、なかなかのスピード攻略だ。しかも、「職業を変えながら、(パーティメンバーの能力を)底上げしていってますから。実際のレベル39より強いですよ」と自信満々。『ドラクエウォーク』には、街中に出現し、最大8人で協力して討伐する「メガモンスター」が存在するが、「出会ったなかでは、俺より強いやつみたことないですよ。そりゃ、世間的にはいるでしょうけど」と、その戦闘中にメガモンスターに与えたダメージ量で決まるランキングで、1位しかとったことがない、というエピソードも語っていた。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

映画部Pick Up!