>  > キスマイ横尾渉の幻聴に、二階堂高嗣が悲鳴

キスマイ 横尾渉の幻聴に、二階堂高嗣が悲鳴 「怖い、怖い、怖い!」

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Kis-My-Ft2の冠配信番組『キスマイどきどきーん!』(dTV)。2月からスタートした同番組も、8月30日に第30話を迎えた。この日の時間割は、賞品GETを目指す子どもたちのためにキスマイメンバーがゲームにチャレンジする「キスマイBET」と、子どもたちが考えた新しい罰ゲームにキスマイメンバーが挑戦する「22世紀の新・罰ゲーム審議会」。今回も、ワイワイ盛り上がるキスマイメンバーたちの姿が楽しめた。

 早速「キスマイBET」からスタート。ディーラーは、おなじみの北山宏光が務める。今回参加するのは、今野后梨ちゃん(小学4年生)、坂庭巨生くん(小学4年生)、佐藤百合香ちゃん(小学3年生)の3人。それぞれ欲しい賞品をGETするためにキスマイメンバーたちにBETしていく。

 始めにチャレンジするのは“ワンタッチ目覚まし時計”。10個の目覚まし時計の中に、一つだけ音が鳴っているものを北山が仕込む。それを10秒以内に見つけ出したらクリア、というゲームだ。まずは誰からもBETされてない横尾から挑戦するが、失敗に終わってしまう。鳴っていない目覚まし時計を耳に当てて「鳴ってる」という横尾に、二階堂は「怖い、怖い、怖い!」とドン引きした。他のメンバーも失敗が続き、子どもたちもざわつく事態に。一見簡単そうなチャレンジだが、想像以上に難しいようだ。

 2ndチャレンジは、「フラフープダウン」。6人全員で人差し指だけを使ってフラフープを地面に下ろすことができれば成功となる。ただし、チャレンジ中の会話は禁止で、誰かが喋ったり、指がフラフープから離れたりしたら失敗となってしまう。オッズは成功しても失敗しても×2で、子どもたちは即決で全員が失敗にBET。失敗に賭けた理由について、巨生くんは「仲間を全員信じてないと無理そうなんで、でも誰か一人信じてなさそうだから」と語った。果たして、フラフープを地面に下ろすことはできたのだろうか。メンバー同士の絆が試される。

      

「キスマイ 横尾渉の幻聴に、二階堂高嗣が悲鳴 「怖い、怖い、怖い!」」のページです。の最新ニュースでテクノロジー×エンタメをもっと楽しく!「リアルサウンド /TECH/」は、テクノロジー×エンタメの情報とレビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版