>  > 格ゲー版『ワンパンマン』でもサイタマは最強

格闘ゲーム版『ワンパンマン』でサイタマは最強のジョーカーに 対戦相手に“勝ち筋”はあるのか?

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 人気ヒーローコミック&アニメ『ワンパンマン』を原作とした対戦アクションゲーム『ONE PUNCH MAN A HERO NOBODY KNOWS』(PS4/Xbox One)の最新PVが8月20日、公開された。

PS4/Xbox One「ONE PUNCH MAN A HERO NOBODY KNOWS」第2弾PV

 本作の主人公は、どんな怪人も“ワンパン”で葬る最強のヒーロー・サイタマ。それゆえに、原作ファンからは格闘ゲーム化に際し、「サイタマが負ける(あるいは苦戦する)」という原作ではありえないシーンが出てくるのか、と疑問の声が上がっていたが、今回のPVで、納得のゲームシステムが明らかになっている。

 つまり、対戦は基本的に3キャラクターのチーム戦で行なわれ、サイタマは一定時間が経過しないと使用できないという仕様(ヒーローアライバルシステム)だ。立ち回りによって、サイタマ登場までの時間を短縮することができるが、基本的に3対2という不利な戦いを強いられることになる。そしてサイタマ登場、一転勝利へーーというカタルシスは、原作の魅力を忠実に表現するものになりそうだ。

Arrow
Arrow
ArrowArrow
Slider

 気になるのは、「サイタマを登場させる」ことの難易度と、「サイタマが登場しても勝ち筋はあるのか」ということ。サイタマが登場したら確実に勝利、という仕様なら、ゲームバランスとして、それまでの道のりはそうとうシビアである必要がある。ただ、サイタマが登場しても逃げに終止することで、時間切れの優勢勝ちなどを狙うことができるなら、ギリギリまで緊張感のあるバトルが展開されそうだ。ネット対戦が実装されたときに、「サイタマ登場、即切断」というマナー違反が出てきてしまうのでは、という懸念も薄れるかもしれない。

      

「格闘ゲーム版『ワンパンマン』でサイタマは最強のジョーカーに 対戦相手に“勝ち筋”はあるのか?」のページです。の最新ニュースでテクノロジー×エンタメをもっと楽しく!「リアルサウンド /TECH/」は、テクノロジー×エンタメの情報とレビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版