>  > ヒカキン、難病の子供たちへ大量のプレゼント

ヒカキン、難病の子供たちへ大量のプレゼントを贈呈 視聴者からは賞賛の声相次ぐ

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 人気YouTuberのヒカキンが8月2日に動画「難病の子供たちに3000個ぬいぐるみを送ります!【ヒカキンTV】」を公開した。

 動画の冒頭、華麗な音楽とともに山積みにされたぬいぐるみの中から衝撃的な登場をしたヒカキン。ファンにはお馴染み“ハチキン君”のぬいぐるみを3000個作ったことを報告した。部屋一面に並べられたハチキン君を見てヒカキン自身も「怖いくらいの量があるんですよ!」と語るほど、画面からもその迫力が十分伝わってくる。

 ハチキン君ぬいぐるみといえば、これまでアミューズメント施設モーリーファンタジーとのコラボで登場し、黄色やピンク色、青色のカラーが展開されていたが、今回再びコラボが実現し、オレンジ色の新カラーがお披露目となった。

 この新色は新たなグッズの展開に使われるものかと思われたが、今回タイトルにもあるように、難病を抱える人たちへプレゼントとして企画したものだということが明かされた。ヒカキンは「今年の4月で30歳という節目を迎え、何か自分にできることはないかと考えた時に、ハチキン君ぬいぐるみをできるだけたくさん作って、難病の子たちにプレゼントしたら少しでも元気になってもらえるんじゃないか」とこのプレゼント企画を考案した理由を説明した。

 そして、これだけで収まらないのが人気YouTuber・ヒカキン。彼が次に行なったのは、ぬいぐるみに「パワーを注入」することだった。「ヒカキンパワー注入!」の掛け声とともに、山積みにされたハチキン君のぬいぐるみへダッシュし、「元気のパワー!」と絶叫しながら両手を広げてダイブ。その後もとどまることを知らず、ヒカキンは「元気のパワー」と連呼を続け、後ろからダイブしてみたり、はたまた転がってみたりと大はしゃぎだった。

 その後はかなりバテバテの様子だったが、ヒカキンの元気パワー注入はまだ終わらない。最後は高くから、「みんなに元気を届けろダーイブ!!」と大の字になって最後のダイブを決めた。さすがに3000個のハチキン君でも衝撃を吸収することはできなかったようで、「痛〜い!」と苦しげな表情のヒカキンだったが、最後はやはり人に笑顔を届けるエンターテイナーらしく「よし! いや、完璧だね!」と満足そうな顔を浮かべた。

      

「ヒカキン、難病の子供たちへ大量のプレゼントを贈呈 視聴者からは賞賛の声相次ぐ」のページです。の最新ニュースでテクノロジー×エンタメをもっと楽しく!「リアルサウンド /TECH/」は、テクノロジー×エンタメの情報とレビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版