ヒカキン、薄毛に悩んでいた20代の秘蔵映像を公開 「男はハゲてても成功すればモテるんだ!」

 人気YouTuberのヒカキンが6月21日、自身のYouTubeチャンネル「Hikakin TV」にて、頭髪の薄さに悩み始めた時期の秘蔵写真&映像を公開した。

ハゲて悩みすぎて病院に行った話 & その時の写真と動画を公開w

 以前から【ハゲキンTV】と題した動画を公開するなど、これまで度々、自らの頭髪の薄さを笑いのネタにしてきたヒカキン。今回の動画でも冒頭に「どうも、ハゲそうでハゲない。でも、まぁまぁハゲてきているハゲキンです!」とはつらつと挨拶し、かつて頭髪の専門のクリニックへ相談しに行ったエピソードを紹介し始めた。

 ヒカキンが頭髪に違和感を覚えだしたのは、21歳の頃。18歳までは毛量が多く、父親もフサフサだったため「ハゲるわけがない」とタカを括っていたのだが、その3年後から投稿する動画のコメント欄に「ヒカキン、ハゲてね?」という書き込みが目立つようになったのだという。

 こうしたコメントを気に病んだ21歳のヒカキンは、生え際やつむじの状態をスマホで頻繁に記録。その時の写真を次々と公開していったのだが、画像に写る若き日のヒカキンは、一様にして不安そうな表情を浮かべていた。中には頭髪が気になるあまり、当時勤務していたスーパーの倉庫でつむじを確認している動画も。

 「完全にハゲてからじゃ遅い! 今ならまだ間に合う!」と不安がピークに達したヒカキンは、とうとう頭髪専門のクリニックへ。しかし診断の結果、院長からは「今のところ全然大丈夫ですね!」と告げられたようで、どうやら取り越し苦労をしていたらしい。

 続けて院長は「君はちょっと気にし過ぎ」と述べ、「かえってそれがストレスになって頭皮に悪いから、今は僕が言ったことを信じて、寝不足などしないでバランスの良い食生活をすれば大丈夫です。安心してください」と心強い言葉をヒカキンにかけたようだ。

 この言葉にホッと胸をなでおろしたヒカキン。それからというもの、思ったよりも抜け毛・頭髪の後退が加齢とともに進行しなかったため、今に至るまで一度も頭髪専門のクリニックには訪れていないという。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「ニュース」の最新記事

もっとみる