>  > 中島翔哉、水溜りボンドと夢の共演

サッカー日本代表・中島翔哉、人気YouTuber水溜りボンドと夢の共演! 少年のような笑顔が眩しすぎた

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 人気YouTuberコンビ・水溜りボンド(カンタ、トミー)が5月26日、『【中島翔哉】サッカー日本代表を油断させて本気でPK止めるドッキリww』と題した動画を公開した。

【中島翔哉】サッカー日本代表を油断させて本気でPK止めるドッキリww【後編】

 現サッカー日本代表のエースにして、歴代でも最高峰のスキルを誇る中島翔哉。スポーツファンなら誰もが知るスーパースターだが、そんな彼は以前から、水溜りボンドの動画を毎日楽しみにしており、いつか会ってみたいと、その夢を語っていた。そんなメッセージを受け取り、いつでも謙虚に人と向き合う水溜りボンドのふたりは、驚いたに違いない。そしてコラボレーションに際し、彼らが決めたのは、撮影までの5日間、本気でゴールキーパーの練習に取り組み、中島選手のシュートと向き合うことだった。

 そうして、25日に「前編」として公開された動画が『5日間本気でキーパーの練習したらサッカー日本代表のPK止められるの?』というもの。プロトレーナーの協力のもと、ボールに対する恐怖感をなくすトレーニングから、グラインダーのシュートに対する反応、中島選手のPKの傾向を分析した上での「シュートコースの誘導」のテクニックなど、多くのことを学び、手応えを感じる成長を見せていた。

 そしていよいよ今回の動画で、中島選手と対面。カンタは「めっちゃうれしい!」、トミーは「こんな日が来ると思う!? YouTube Dreamじゃん!」と嬉しそうだが、中島選手の少年のような笑顔は、彼ら以上のよろこびが容易に伝わってくるもので、この日も動画を見てきたと、うれしそうに語っていた。その後も、ウォーミングアップで何気なく中島選手からパスされ、「パスが来たぁ! そんな不意にパスしないでくださいよ!」(カンタ)、「すげえ! もうこれでいいじゃん」(トミー)と大興奮のふたりは、いよいよPK対決に挑むことに。

 ここまでの穏やかなムードから一転、“動画がわかってる”中島選手の強烈なシュートが、二人を襲う。水溜りボンドのふたりはそのシュートを止め、見事「ドッキリ」を成功させることができたかどうかは、動画で確認してほしい。

 中島翔哉と言えば現在、カタールの名門クラブ「アル・ドゥハイル」に所属し、世界のビッグクラブが注目する、掛け値なしのスーパースターだ。YouTuberの躍進とともに、憧れのスターとの共演を果たすクリエイターが増えてきたが、最近では山下智久が「フィッシャーズ」との共演という夢を叶え、菅田将暉や長澤まさみが「きまぐれクック」のファンを公言するなど、スターの側がYouTuberへの憧れや愛着を明かすケースが後を絶たない。時代の変化を感じるところだ。

 その最たる例となった今回のコラボ。中島選手は自身のブログで、「僕の夢を叶えてくださったスタッフの方々、そして、水溜りボンドのトミーさんとカンタさんとキイチさんには感謝してもしきれないです!」と、主に裏方として水溜りボンドの活動を支える後輩「キイチ」への感謝も語っており、相当のファンであることが伺えた。

      

「サッカー日本代表・中島翔哉、人気YouTuber水溜りボンドと夢の共演! 少年のような笑顔が眩しすぎた」のページです。の最新ニュースでテクノロジー×エンタメをもっと楽しく!「リアルサウンド /TECH/」は、テクノロジー×エンタメの情報とレビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版