>  > WWDC 19の発表内容がリーク

Apple WWDC 19の発表内容がリーク iOS13とWatch OS 6に多数新機能など「iPhone偏重」から脱却?

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 GAFAの一翼を担うAppleは毎年6月に開発者会議WWDC(Worldwide Developers Conference)を開催し、最新OSに関するアップデート情報を周知するのを慣わしとしている。今年は6月3日から7日に開催されるのだが、開催1ヶ月前にして早くもリーク情報が報じられた。

ダークモードにスクリーンタイムの機能強化

 ブルームバーグは6日、WWDC19に関するリーク情報を報じた。内部計画に精通した関係者によると、今年のWWDCで発表される内容は例年通りiOSをはじめとした各種OSのアップデートである。iOSの最新バージョンにあたる「iOS13」については、多数の新機能が実装されるようだ。以下では、リークした情報の一部を紹介する。

 最新iOSには夜間でのディスプレイの視認性を高めるダークモードが実装される。このモードを有効にすると、背景が黒くなる一方で文字が白く表示されるようになる。この設定は、コントロールセンターから素早くアクセスできる。

 ヘルスケアアプリも一新される。具体的には、聴覚の健康に配慮した音量を設定できる「聴力の健康」という新しい項目が追加される。さらに月経周期のトラッキングが可能となる。

 アプリへのアクセスを管理するスクリーンタイムには、連絡先を制限できる機能が追加される。この新機能を使えば、子供が持つiPhoneに18時以降は両親にしか連絡できないようにする、というような設定が可能となる。この機能は、子供の安全をより確かなものにしてくれるだろう。

 ブック、メッセージ、マップといった各種アプリもアップデートされる。マップアプリに関しては、会社や学校のようなよく行く場所を設定できるようになる。現在マップアプリと言えばGoogle Mapsが大きなシェアを占めているが、Appleのマップアプリがアップデートされることでこうした現状に変化が生じるかも知れない。

Apple Watchにアプリダウンロード

 Apple Watchシリーズの最新OSとなるWatch OS 6は、アップデートによってiOS以上に大きく変化する。もっとも大きい変化は、アプリの直接ダウンロードが可能となることだ。現行のApple Watchにアプリをインストールする場合は、iPhoneからApp Storeにアクセスするという手順が不可欠である。アップデート後は、Apple watchから直接App Storeにアクセスしてアプリをダウンロードできるようになる。

 また、Apple Watchから直接ボイスメモ、ブック、そして電卓アプリが利用できるようになる。ブックアプリに関しては、腕時計のディスプレイに文字を表示するのではなく、オーディオブックで「本を聴く」という利用法を想定している。iOSで新しく追加される月経周期のトラッキング機能にも対応する。

 ユーザインタフェースも改良され、iPhone Xシリーズに実装されているユーザの表情を反映したAnimoji(アニ文字)とMemoji(ミー文字)に対応する。さらに多数の文字盤が追加される。追加されるのはローマ数字とアラビア数字を併用した「カリフォルニア」、日時計のような時刻表示となる「ソーラーアナログ」といったものである。

 以上に挙げたiOSとWatch OSのアップデートのほかにも、Mac OSとApple TVのアップデートも予定されている。

      

「Apple WWDC 19の発表内容がリーク iOS13とWatch OS 6に多数新機能など「iPhone偏重」から脱却?」のページです。の最新ニュースでテクノロジー×エンタメをもっと楽しく!「リアルサウンド /TECH/」は、テクノロジー×エンタメの情報とレビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版