元ぼくりり=たなか、YouTubeで食虫&「歌舞伎町の女王」歌唱動画を公開 今後の展開に期待高まる

 今年1月でぼくのりりっくのぼうよみを“辞職”した「たなか」が4月24日、YouTubeチャンネル「たなかです」で2つの動画を公開した。

 ひとつは、『ぼくのりりっくのぼうよみを辞めて3ヶ月、虫を食べるようになりました』と題されたもの。カゲロウの幼虫らしきものを箸でつまみ、「『カゲロウ』ってかっこいいから歌詞で使いたい。使うためにはね、やっぱり食べないと。岸辺露伴(※『ジョジョの奇妙な冒険』に登場する人気キャラクター)みたいに……」として、物怖じせずに口に運ぶ。「めっちゃおいしいじゃん。ご飯が欲しくなりますね~」と語るが、断面を見て気持ち悪くなっていた。

ぼくのりりっくのぼうよみを辞めて3ヶ月、虫を食べるようになりました

 もうひとつは、『ホストたなか「歌舞伎町の女王」』と題されたもので、タイトルの通り、歌舞伎町のホストクラブのステージで、椎名林檎「歌舞伎町の女王」を歌うパフォーマンス動画だ。さすがの歌唱力で、「歌手デビューとかしちゃったらどうですか?」「え、前職歌手だったりしました?!」など、ノリのいいコメントが多く見られた。

ホストたなか「歌舞伎町の女王」

 これまでも、惜しまれつつ解散した「へきトラハウス」に加入するという動画が投稿されたり、「東海オンエア」の動画でネタにされたときにTwitterで反応するなど、YouTuberとの接点があった、たなか。若くしてネット&音楽業界のスターになり、早回しの人生を送ってきたような印象のある彼が、等身大でリラックスした動画をアップしているのがファンにはうれしく、微笑ましくもある。「食虫」に「歌ってみた」と続き、次はどんな動画をアップしてくれるのか。期待して見守ろう。

(文=向原康太)

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「ニュース」の最新記事

もっとみる