ストリーミングを本格オーディオでも! Alexaにも対応する「Echo Link Amp」の魅力とは?

ストリーミングを本格オーディオでも! Alexaにも対応する「Echo Link Amp」の魅力とは?

 アマゾンジャパンが、4月10日に「Echo Link」および「Echo Link Amp」を発売した。これらは、Amazon純正のAlexa対応スマートスピーカー「Echoシリーズ」の新モデル。本体を手持ちのスピーカーにつなげば、音楽ストリーミング再生で試聴可能だ。また、Alexaおよび「Echo Dot」(「Echo Link Amp」はマイク機能がないため、「Echo Dot」との連携が必要)に連携すれば話しかけるだけで音楽を再生してくれる。

Echo Link

 デザインは非常にシンプル。本体についているのは電源ボタンとボリュームノブだけ。ディスプレイも搭載されていないし、リモコンもない。スマートフォンですべてを操作する前提で作られているようだ。色はマットなブラック。無駄のないシンプルな色とデザインは、インテリアとして部屋に置きたくなるほどスタイリッシュだ。

Echo Link Amp

 

 「Echo Link」はアンプ機能がない。そのため、既存のオーディオシステムの音質をさらに良くしたい場合に向いているだろう。一方「Echo Link Amp」にはアンプ機能が搭載されている。最小限の機器で良質な音楽を聴きたい場合におすすめだ。

 本稿で特筆したいのは「Echo Link Amp」。アンプの仕様は、60ワット、2チャンネルの同軸入出力となっていて、オプティカルイン・アウト、ラインイン・アウト、サブウーハー出力が可能。サイズは217x242x86mmだ。デスクに置いても邪魔にならないほどコンパクトなのが嬉しい。

 セットアップの設定は簡単。Amazon Alexaアプリから「デバイスを追加」し、Echo Link Ampを選択。あとは、BluetoohとWi-Fi登録を行って「Echo Link Amp」をメインスピーカーに指定するだけ。「Echo Dot」と同じグループに設定すれば、「Echo Dot」との連携も可能だ。また、「デバイスの設定」からEcho Link Ampを選択すると、オーディオコントロールもできる。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「コラム」の最新記事

もっとみる