>  > 男女2人組YouTuber「ヴァンゆんチャンネル」の魅力とは

チャンネル登録者100万人突破 男女2人組YouTuber「ヴァンゆんチャンネル」の魅力とは

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 YouTubeで人気沸騰中の男女2人組「ヴァンゆんチャンネル」の登録者数が100万人を突破した。息の合った掛け合いが心地いいが、実は所属事務所が異なる珍しいコンビでもある2人。100万人登録突破を機に、本稿ではその魅力に迫りたい。

ヴァンゆんチャンネルとは?

 「ヴァンゆんチャンネル」は、VAZ所属のゆんとUUUM所属のヴァンビによる男女二人組のYouTuberだ。コンビを組む以前はそれぞれが個人チャンネルで活動していたが、現在はヴァンビの個人チャンネルを「ヴァンゆんチャンネル」として活動している(ゆんの個人チャンネルである「ゆんちゃんねる」は現在も活動継続中)。

【自己紹介】YouTube 始めました。【元アイドル】

 フィリピン人を母に持つゆんは2017年4月に初投稿して以来、着実に登録者を伸ばし、個人チャンネルの登録者数は約57万人を数える。当初から「元アイドル」であることを公言しており、実際に愛知県を拠点とする「BSJプロジェクト」というアイドルグループで活動していた経歴を持つ。そのため、活動初期の動画は一目でアイドルと分かってしまうようなぶりっ子キャラが特徴的であった。当初はそのキャラクターに抵抗を感じる視聴者も少なくなかったが、それを個性に昇華していく(現在はぶりっ子感は抜けている)。主にメイク動画や購入品紹介、弟へのドッキリ動画などを投稿しつつ、さらには「最新のカワイイ」を広げるガールズグループチャンネル「MelTV」への出演もあり、ファン層を広げていった。

【劇場版 黒子のバスケ実写化】丸ごとレモンのはちみつ漬けの味がヤバイらしい…【マンガ飯】

 一方のヴァンビは2016年、チャンネル名「ヴァンビだよバンビじゃないよ」を立ち上げ、「【驚愕の完成度】トイレットペーパー120個でソファーつくってみた!!」という動画でYouTuberとしてデビューを果たした。その後、『天空の城ラピュタ』や『銀魂』、『黒子のバスケ』など人気アニメの料理実写化動画が大ヒット。2017年には、人気者が揃うUUUMクリエイターのなかで、11月度のMVPも受賞している。ややアダルトよりの際どい動画あり、ヴィジュアル系バンド・LOGのボーカルとして活動していた経験を活かした「歌ってみた」動画あり、幅広い活動で人気を拡大した。

 このように経歴を見ていくと、2人ともYouTuberになる以前から表現をする立場であったことが共通点と言えそうだ。

ヴァンゆんチャンネルの結成の経緯

 事務所が異なる2人が出会ったのは、事務所の垣根を超えたクリエイター同士の交流の場だったという。会食や忘年会など、何度か顔を合わせるうちに意気投合。その経緯は、ヴァンゆんチャンネルで公開されている動画「ヴァンゆん賛否両論について、これが僕たちの本音です。」内で語られている。ゆんはYouTubeでの活動を始めたばかりで、先輩だったヴァンビからアドバイスを受けたことも回顧している。

ヴァンゆん賛否両論について、これが僕たちの本音です。

 2人はコラボを重ね、好評を受けて「ヴァンゆん」としての動画投稿を開始。あまりに息の合った掛け合いから、カップルだと誤解されがちだが、2人は交際はしておらず、YouTuberとしてお互いを高め合う関係だということを付記しておきたい。

      

「チャンネル登録者100万人突破 男女2人組YouTuber「ヴァンゆんチャンネル」の魅力とは」のページです。の最新ニュースでテクノロジー×エンタメをもっと楽しく!「リアルサウンド /TECH/」は、テクノロジー×エンタメの情報とレビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版