中国語版TikTok(抖音)がHTML5ゲーム配信を開始 その狙いとユーザーの反応は?

 また、HTML5ゲームは制作が簡単だ。HTML4時代は動画を使うのにFlashを使用しており、初心者には扱いにくかったが、HTML5は<video><audio>といったHTML4にはなかったタグで処理ができる。動画や音声を扱うのが楽なのだ。

 ByteDanceはゲーム開発者に対し、運営チームが審査を行い、指導も行っていく。さらに、開発者に対する報酬は、1日の広告収入が100万元以下の場合は、開発者はその金額の60%が報酬となり、100万元を超えた場合は、その金額の50%が報酬となる。そのゲームを初めてアップした際には、報酬額は少し上がり、それぞれ70%、60%だ。

 人材育成や報酬金額によってゲームの質を高め、さらなる優秀なゲーム開発者やゲーマー、ユーザーの獲得に乗り出していることが分かる。

(出典:36Kr)

 現在、世界150か所の国と地域をカバーしているTikTok。ByteDanceの次なる波が、世界へ届くのはそう遠くはないだろう。

参考リンク:
https://36kr.com/p/5178752.html
https://www.gameres.com/837428.html
https://baijiahao.baidu.com/s?id=1626144859920009990&wfr=spider&for=pc
http://n.miaopai.com/media/jsEVxXmKdYJEs5WwU-AE7QkAmI7GjC3Y.htm
https://36kr.com/p/5178188.html?from=guess
https://s.weibo.com/weibo/%25E9%259F%25B3%25E8%25B7%2583%25E7%2590%2583%25E7%2590%2583?topnav=1&wvr=6&b=1
https://www.weibo.com/u/6731352654?is_hot=1

■フライメディア
株式会社フライメディアは映像制作を中心に、海外、主に中国、台湾、香港のリサーチ、撮影コーディネーションサービスを提供中。現地情報を詳細に解説している。https://flymedia.co.jp/

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「コラム」の最新記事

もっとみる