宇垣美里アナ&落合陽一がサンジャポで最新アートイベントを案内! Media Ambition Tokyo 2019が開催中

 最先端のテクノロジーと融合したアートが集結する『Media Ambition Tokyo 2019』が、2月23日より六本木ヒルズ展望台 東京シティビューにて開催している。

 今年で7回目を迎えるこのイベントは、最先端のテクノロジーカルチャーを実験的なアプローチで都市実装するリアルショーケース。六本木を中心に、渋谷、銀座、虎ノ門、台場など、都内各所を舞台に最先端のアートや映像、トークショー等が集結している。2月24日に放送されたニュースバラエティ『サンデー・ジャポン』でも『Media Ambition Tokyo 2019』が取り上げられ、プライベートでもアート展に行くTBSアナウンサー・宇垣美里がレポートした。

 宇垣アナは、Microsoft Hololensを活用した「ポケモンスコープ」を通して、現実空間にリアルに溶け込むポケモンを探すことができる『Pokémon GO AR展望台』(Niantic x Pokémon)を堪能。ほかにも、芸術を学習したAIが現代の象徴を壁画として描き、新しいアートを創出する『AI Mural』(ima×the design lab (三浦亜美、板坂諭))、絶え間なく揺らめくシンプルなグラフィックを用いた、映像と音による巨大なポリプティック(連画)『組曲(Suite)』(ヤニック・ジャケ)が紹介され、未彩色のこけしをキャンバスに映像が投影される『YADORU』(WOW)では、「こけしにいろんな人の顔が映ってます!」とプロジェクションマッピングと融合したこけしをレポートした。

 アルゴリズムを用いた独自開発の技術によって、 空間の形状に合わせて分割パターンを生成できる畳『Voronoi Tatami TESSE』(noiz)では、スヤスヤと眠りにつく宇垣アナ。この日のスタジオゲストで、現場にも訪れたメディアアーティスト・落合陽一の作品も多く展示されており、『風景と質量と:2.焦点の散らばった窓』についてテーマを聞かれた落合は「レンズがあって、これをバラバラの所から切り出してバラバラにはめるんです。そうすると、1枚のレンズを斜めから覗いた図とかをバラバラしていくと綺麗だよねって」と解説。宇垣が「一言で言うとすればどういった作品ですか?」と聞くと、「焦点の散らばった窓」と即答し、宇垣が「散らばってますね」とコメントを返すと、2人の間に数秒沈黙が流れた。

 『Media Ambition Tokyo』には、ほかにもRhizomatiks Architecture、teamLabといった注目アーティストたちの新作が展示されている。3月3日まで開催中だ。

(文=向原康太)



インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「ニュース」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる