乃木坂46 斉藤優里『あいのり:Asian Journey』の魅力を語り尽くす 「その子はあいのりへの愛が強すぎて……」

乃木坂46 斉藤優里『あいのり:Asian Journey』の魅力を語り尽くす 「その子はあいのりへの愛が強すぎて……」

 番組中盤では、新内が「『あいのり』といえばアジアンジャーニーではなく、スタジオに今田耕司さん、久本雅美さん、加藤晴彦さんがいた方。ワイプに今田さんが映って、視聴者の気持ちを代弁したりしていて……私、今のほうは見てないんだよね。噂では面白いと聞いてるけど」とコメントすると、即座に斉藤が「噂だけじゃだめだよ、本当におすすめ!」と噛みつき、続けて「一人、シーズン1にも2にも出ている子がいて、その子はあいのりへの愛が強すぎて……真実の愛を見つけたけど、もう一回オーディションに応募してきて。その子がリーダータイプで、メンバーとぶつかったりというのがあって、それがめちゃくちゃ激しい。大の大人なのにこんな感じ」とジェスチャーで表現し、新内は「ええー! なにそれ見たいー!」とプレゼンに成功していた。

 ちなみに斉藤が見所として挙げていた“あいのりへの愛が強い子”は、現在の放送でも大暴れ中。詳しくは配信サービスや当サイトの記事を読んでみよう。

 なお、メインである『冬の妄想あいのり迷場面SP!!』のコーナーでは、斉藤は“ギャル嫁・ゆうり”になりきり、“まい”こと新内と妄想トークを繰り広げる。これまでも和田まあや・伊藤かりんなど、乃木坂46メンバーを巻き込んできた同コーナーだが、斉藤は新内とともに「美容師という夢を追わずに結婚した」という新たな設定や、加入時の場面、思い出のシーン、結婚式を挙げたが“まい”は呼ばなかったことなど(すべて妄想)を振り返り、1時間弱のあいだ喋り倒すという驚異のパフォーマンスを繰り広げた。

(文=向原康太)

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「ニュース」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる