みちょぱ、『ストV』で不甲斐ない戦いをする有吉弘行ら叱責?「なんかみんな、ビビってません?」

みちょぱ、『ストV』で不甲斐ない戦いをする有吉弘行ら叱責?「なんかみんな、ビビってません?」

 その後、休憩タイムへ。猫宅へ来る前に購入した惣菜を食べて団欒していると、さっきまで真剣勝負で張りつめていた空気が一気に弛緩。リーダーの有吉でさえ「やるかそろそろ? やりたい人は……」と消極的な発言をすると、すかさずみちょぱが「やりたい人は!?」と噛みつき、「なんかみんなビビってません?」と捲し立てた。これには有吉も「いや、ちょっとな……」とタジタジに。と同時に「お前一回、オンラインでやってみ!」とふっかけられ、『ストV』完全未経験のみちょぱが、4番手としてオンラインプレイヤーと手合せすることになった。

 みちょぱがチョイスしたキャラは、水晶玉を武器にして戦う占い師の女性・メナト。第1ラウンドこそ、オンラインプレイヤー相手に完膚なきまでに叩きのめされ、芸人たちから「これがオンラインだから」としたり顔をされていたものの、続く第2ラウンドではでたらめに押したコマンドで偶然「クリティカルアーツフィニッシュ」を決めるという快挙を成し遂げた。結局、第3ラウンドで敗れてしまったみちょぱだったが、有吉から「ウチの四天王の一人だから」と刺客として差し向けられたトシ相手に2ラウンド先取して勝利を飾るなど、そのポテンシャルの高さを見せつけた。

 ラストに有終の美を飾るべく、有吉が再び、巨体のアビゲイルをセレクトしてオンラインの戦場へ。有吉と対戦するのは、最低ランクより1つ上に当たるブロンズのプレイヤー。試合は、第1ラウンドは相手プレイヤー、第2ラウンドは有吉が奪取するというほとんど互角の展開だった。運命の第3ラウンドでは手に汗握る攻防を繰り広げ、結果、有吉が『ストV』で初の勝利を獲得して、「やった~! 最高だ~!」と、メンバー全員とハイタッチして大喜び。ついでにさきほどあなどった発言をしていたみちょぱに「見たか! みちょぱ! これが四天王だよ!」と言って、勝ち誇っていた。

 なお、番組の公式Twitterでは先々のラインナップや対戦にあたっての情報を更新中。腕に自信のある方、番組を通してゲームを楽しんでみたい方はぜひ参加してみては。

■こじへい
1986年生まれのフリーライター。芸能・スポーツ・音楽・カルチャーのコラム・リリース記事から、ゲームのシナリオ、求人広告まで幅広く執筆中。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「コラム」の最新記事

もっとみる