>  > 2018年のInstagram流行語を徹底解剖!

2018年のインスタグラム流行語を徹底解剖 進化する“言葉遊び”についていけるか!?

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 2018年にInstagramで流行ったワードが「Petrel」を運営するパスチャーが発表された。このワード一覧は#(ハッシュタグ)と共に使用された約40万ワードを対象に実施した調査結果をまとめたもの。「なんちゃってダンス」、「フッカル」、「いいアゴ乗ってんね」など短文からやや長いものまで様々で、Instagramユーザーであっても、馴染みのないワードも多かっただろう。浮上した言葉の意味と、使用するシチュエーションの解説も含め、SNSの動向を紐解いていきたい。

 パスチャーの選出したワードの特徴は、Instagramでの計測結果でありながら「TikTok」で人気のハッシュタグが多く選ばれていることだ。これは今の若者がTikTokで撮影したものをInstagramでも投稿し、さらに拡散力を強めていることを示唆している。

 大人にとっては「拡散力」、「ブランディング」、「マーケティング」などで若者の行動を一絡げに論じてしまいがちだが、多くの場合、当人は深い意味がないことも多い。日頃コンテンツを見ていると、TikTokで撮った中で、Twitterに適しているもの、Instagramに適しているものを瞬時に嗅ぎ分け、それぞれをそれぞれのメディアに再投稿している様子は伺える。こういった行為のため「いいアゴ乗ってんね」、「広告で有名になりたい」などTikTokで流行ったハッシュタグがそのままInstagramに流れてきて今回の20ワードに選出されたのだろう。

 それぞれの言葉に深い意味はなく、「広告で有名になりたい」に関してはそのままの意味である。経緯としては、TikTok内でこのハッシュタグをつけた投稿がTikTok公式の広告映像に使用される可能性がある=有名人になれるという図式だ。現代の若者の承認欲求を満たし、ビッグドリームヘと導く企画ゆえのブームであった。感覚としてはアイドルのオーディションがハッシュタグで簡単に受けらるようになったようなシンプルな意味合いに近い。

 一方、「いいアゴ乗ってんね」は大学生を中心とした飲み会のコールで「いい波乗ってんね〜!」が流行した派生系と言える。この「いい波乗ってんね」の盛り上がり方について理解を示したい方は、「土間土間」や「金の蔵」など大学生御用達のチェーン居酒屋に寄ってみることを勧める。学生街のチェーン居酒屋に寄れば高確率でこのコールを生で聞くことができるだろう。

      

「2018年のインスタグラム流行語を徹底解剖 進化する“言葉遊び”についていけるか!?」のページです。の最新ニュースでテクノロジー×エンタメをもっと楽しく!「リアルサウンド /TECH/」は、テクノロジー×エンタメの情報とレビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版