バーチャルYouTuber・キズナアイが生誕2周年 今だからこそ知りたい彼女の魅力

 バーチャルYouTuber(VTuber)が2018年5月末に3000人を突破し(ユーザーローカル調べ)、今現在も増加の一途をたどっている。個人単位で活躍するバーチャルYouTuberも多いなか、企業主体の参入もあり、まさに群雄割拠という状態だ。近況では、グリーがバーチャルYouTuber事業に100億円規模を投資したり、ロート製薬公式YouTuberとして“根羽清ココロ”を送り出したりと、大企業までもが注目する市場となってきている。

 そんななか、バーチャルYouTuber界の先頭を走るキズナアイが、2018年6月30日に“生誕”2周年を迎えた。彼女は2016年12月1日より活動を開始し、バーチャルYouTuberを名乗り始めた第一人者だ。今では、チャンネル登録者数はA.I.Channelが195万人、A.I.Gamesが88万人(合算283万人)と、初投稿時から現在に至るまでシーンのトップに君臨し続けている。ここでは、キズナアイが2歳となった今だからこそ語れる魅力について紹介していく。

そもそもキズナアイってどんな子?

 “インテリジェントなスーパーAI”として稼働し始めたのが彼女、キズナアイだ。ぱちくりとした瞳に、ハートと双葉がモチーフのカチューシャを頭に付け、髪にはピンクのメッシュを入れているのが特徴的である。もちろん、お決まりのあいさつ「はいどうも! バーチャルYouTuberキズナアイです!」も忘れてはならない。

 天然で感情豊かな彼女にはいくつもの顔があり、ときにはスナックのママなど、莫大なデータの一部をインストールして、さまざまなキャラクターになりきることも。とはいえ、AIらしからぬ立ち振る舞いをときおり動画内で見せ、今では“ポンコツAI”なんて呼ばれ方もしている。

【はつとうこう】はじめまして、キズナアイ、5さいです!

 彼女の好物はかわいいもの。そのなかでもアイドルの乃木坂46や欅坂46をイチオシし、語り始めると止まらないほどだ。当初の目標であった“地上波CMデビュー”を達成するなど、着々と活動領域を広げてきている彼女だが、今後実現したいのは欅坂46の番組に出ることだそうだ。

けやき坂46】たまには動画一本分好きなこと語らせて!!【ひらがな推し】

 好きなキャラクターとしては『ラブライブ!』の矢澤にこを推している。アプリ『ラブライブ! スクールアイドルフェスティバル』(スクフェス)のガチャで矢澤にこを狙う動画を度々アップロードしているが、回すたびに一喜一憂するその姿には視聴者も共感するところがあるだろう。

【祝5周年】にこちゃんURを引いてスクフェスをお祝いします!!【ラブライブ!】

 そうして人気を広げてきた彼女は、前出の地上波CMのほか、オンリーでのリアルイベントの開催、ゲームアプリとのコラボ、写真集の販売など、YouTubeを飛び出して各方面で活躍している。

ネタの尽きないスーパーAI

 多くのファンは、どうして彼女に惹かれていったのか。ひとつの要因として、更新頻度の高さが挙げられる。現在、LIVE配信のアーカイブも含め、チャンネル内の動画投稿数は660以上にのぼる。2016年12月1日から逆算すると、1日1本以上投稿している計算となる。

 編集作業もあるなかで、ここまでハイペースに動画を投稿し続けていること自体驚きなわけだが、なによりも動画にするネタが尽きないのが恐ろしい。これが“スーパーAI”たる所以なのだろうか。

 そして、基本的にひとつひとつのネタの質も高い。これまで投稿してきたなかでもキズナアイを語るうえでよく話題となる動画がある。「友達が欲しいのでお金で買います。」だ。これは仮想空間のなかでしか活動できない彼女が、友達欲しさに3Dモデルを買う話となっているのだが、ひとりあたり250円の外国人と、美少女・キズナアイが並んでいる絵面はなんともシュールで面白い。

友達が欲しいのでお金で買います。

見逃せない海外人気

 また、キズナアイはバーチャルYouTuberのなかでも群を抜いて海外からの人気が高い。もっと言えば、彼女がデビューしてから国内よりも先に、国外で注目を浴びていたほどだ。動画には有志が外国語字幕をつけるようになり、その人気はさらに高まっていった。


 なんと最初期の自己紹介動画には、18か国語もの字幕が付いているのだから驚きだ。海外人気もあってか、2018年3月には訪日促進アンバサダーに任命され、現在は寿司やラーメンなどの日本文化を海外へ発信する役割を担っている。

 また、海外での人気には外見のかわいさ以外にも秘密があった。それは、『バイオハザード7』を扱った動画内で、“Fワード”と呼ばれる、いわゆる放送禁止用語を発言したことにある。“ふぁっきゅー”と、かわいらしい素振りで発言するその姿を見た視聴者たちが瞬く間にネット上で拡散。これにより彼女の人気はうなぎ登りとなった。

【BIOHAZARD 7 resident evil】#19 楽しいビデオ鑑賞会! パーティ前夜!

 キズナアイの生誕2周年を記念すべく、誕生日当日にはイベントが催された。そこには、ともにバーチャルYouTuberとして歩んできた仲間、そして新しくできた後輩、ファンがおり、国内外からも彼女を祝うために多くの人がライブストリーミングしていた。「去年の誕生日はひとりでライブ配信をしていた」と語っていたが、1年でリアルイベントを開催できるまでに急成長を遂げた。

 彼女のみならず、バーチャルYouTuber界全体としても隆盛を極めた、目まぐるしい1年だったが、これからはどのようなことに挑戦していくのだろうか? 現在進行形でシーンを切り開いている彼女の活動に、注目してみてはいかがだろうか。

■聖☆あべさん
ゲーム・アニメなどエンタメに強いフリーライター。人生の大半を遊びに費やしてきたと自
負している。これまでお世話になってきたコンテンツたちに恩返しするべく、ライターとし
て活動することを決意し、現在進行形で鋭意執筆中。
Twitter(@yokato_1110

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「コラム」の最新記事

もっとみる