Nintendo Labo バイクToy-Conで『マリオカート8 DX』プレイ可能に 対応ソフト増加への期待も

 6月26日、Nintendo Switch用ソフト『マリオカート8 デラックス』の最新アップデートにより、Nintendo Labo の「バイクToy-Con」が使用可能となった。

 実際にゲーム内でバイクToy-Conを使うと、視点がキャラクターの後ろに回る「ビハインドビュー」になり、ハンドルを傾けることでキャラクターを移動させたり、トリガーやボタンを押し込むことでドリフトやアイテム発動といったアクションを直感的に行うことができる。Switch本体はコントローラーの前面に固定されるため、通常時の操作感覚と比べてさらに臨場感の増したプレイが可能になりそうだ。

 バイクToy-Conは、Switch用コントローラーのJoy-Conと『Nintendo Labo』同梱キットを組み合わせて作る特別なコントローラー。今回の発表以前は『Nintendo Labo』内の使用のみに限られていたが、今後は対応ソフトが続々と追加される模様だ。

『マリオカート8 デラックス』が『Nintendo Labo』に対応

 その第1弾となる『マリオカート8  デラックス』は、ご存じ、スーパーファミコンから続く任天堂のレースゲームシリーズ最新作。マリオやルイージ、ピーチやクッパなど、マリオファミリーが多数登場するほか、『ゼルダの伝説』から主人公のリンク、そして『スプラトゥーン』からボーイ&ガールなど、任天堂作品の人気キャラクターが集結したパーティーゲーム的な側面もある。

 一般的には、一人でも多人数でも楽しく遊べるカジュアルな作品として幅広いユーザー層に認知されているだろう。一方で、各コースでストイックにラップタイム短縮を目指したり、オンライン対戦で世界中のトップランカーと腕を競うこともできる。こうした懐の広さもあり、Nintendo Switch本体の販売初期において、売上台数増加に大きく貢献した。

 振り返ると、2008年に発売された『マリオカートWii』も、Wiiリモコンとドッキングさせて使うコントローラー「Wiiハンドル」に対応していた。形状は車のステアリングを模しており、傾けることで左右への移動、Wiiリモコン本体のボタン操作でドリフト走行といった操作方法は、バイクToy-Conとほぼ同じ。外部キットを用いた拡張コントローラーでゲーム内体験をより身近にする手法を、任天堂が今からちょうど10年前にも実践し、それが同じ『マリオカート』シリーズ作品であったのは興味深い事実かもしれない。

 そして今回の発表を受け気になるのは、やはり今後のToy-Con対応ソフトのラインナップではないだろうか。ここで分かりやすい手がかりとなるのが、『Nintendo Labo』のバラエティキットで登場した5種類のToy-Conである。既に『マリオカート8 デラックス』に対応したバイクToy-Conを除き、「つり」「おうち」「ピアノ」「リモコンカー」の4つは、どれも用途や機能が異なる仕様だ。この中で特に興味深いのが「リモコンカー」で、Jyo-Conに標準搭載のIRカメラやHD振動といった機能がどう活かされるか、期待しておきたい。

 さらに任天堂は同日、独創的なToy-Conのアイディアを募集する「#ラボ作品コンテスト」の開催を発表。期間は7月19日から8月26日までの約1ヵ月間で、詳細な募集要項は7月19日開設予定の特設サイトにて公開される。小学生部門と一般部門において、入賞者には段ボール風デザインの特別Nintendo Switch及びJoy-Conをプレゼント。特別賞として抽選の100名にNintendo Laboマスキングテープも用意されている。エントリーに際しての条件は現時点で特に設けられていないので、気になる方は今後の続報をチェックしておこう。

■「#ラボ作品 コンテスト」詳細
https://topics.nintendo.co.jp/c/article/164bde5f-7844-11e8-b123-063b7ac45a6d.html

■募集期間
2018年7月19日(木)~ 2018年8月26日(日)

■募集カテゴリー
・小学生部門
・一般部門

■審査・賞品
応募作品の中から、アイデアが光る、オリジナリティの高いものを厳正に審査し、優秀な作品を発表予定。優秀作品の応募者には下記の賞品をプレゼント。
・金賞:ダンボール風特別仕様 Nintendo Switch本体(各部門3名)
・銀賞:ダンボール風特別仕様 Joy-Con(L/R)(各部門10名)
・特別賞:Nintendo Labo マスキングテープ(抽選で100名)

■龍田優貴
ゲームの尻を追いかけまわすフリーライター。時代やテクノロジーと共に移り変わるゲームカルチャーに目が無い好事家。『アプリゲット』『財経新聞』などで執筆。
個人的なオールタイムベストゲームは「ファミコン探偵倶楽部」シリーズ。
Twitter:@yuki_365bit

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「コラム」の最新記事

もっとみる