>  > 草なぎ剛、YouTuberに対して“謝罪”

草なぎ剛、YouTuberに対して“謝罪” ヒカキン、はじめしゃちょー、フィッシャーズらへのリスペクト語る

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 草なぎ剛が6月21日、自身のYouTube公式チャンネルで、世界最小のドローンで遊ぶ動画を公開。操縦に苦労しつつ、YouTuberへの思いを語っている。

【驚愕!】世界最小のドローンを室内で飛ばしてみた!

 今回の動画は、六本木ヒルズのUUUMオフィスで撮影されたようで、冒頭、草なぎは高層階から見る東京の景色を堪能。その後、「反省していることがある」と切り出した。

「世界一小さいドローン、すごいでしょ? YouTuberの皆さんって、こういうの自分で用意されるんですよね。はじめしゃちょーの家とか、すごいじゃないですか。でっかいぬいぐるみだとか、世界一長いレシートを作るためにレジがあったりとか。僕は用意してもらっているんですよ。すごい申し訳ない。今度からは、自分で用意します」

 そう語り、「至れり尽くせりというか、おんぶに抱っこで、他のYouTubeの方に本当に申し訳ない。去年から急に、横やりみたいな形で私がYouTubeに入ってきまして、こんなにVIP待遇というか、こういう場所(UUUMオフィス)も用意していただいたりとか」と繰り返した草なぎ。ヒカキン、はじめしゃちょー、フィッシャーズなど、交流のあるYouTuberが自分で企画を考えていることに触れて、尊敬の意を示していた。

 一方で、「別にいいじゃん!っていうのもあるんですよ(笑)。YouTubeって、自由じゃないですか。ノールールじゃないですか。これがYouTubeの面白いところでしょ?」とも。年齢も立場もまったく違うクリエイターたちが、視聴者を楽しませようと、それぞれのやり方で切磋琢磨する、YouTubeの面白さを再確認していた。

 さて、動画本編では「説明書が嫌い」と言いつつ、操作方法を丁寧に確認した草なぎが、ドローンの操縦に大苦戦。離陸したはいいものの、「どどどど、どーすんのよ!?」「飛ぶは飛ぶけど、難しいなコレ!」と大慌てしながら楽しんでいた。着陸地点を設定し、「ここに着陸させるまで終わらない!」と意気込むが、結果がどうなったかは、動画を確認してほしい。

      

「草なぎ剛、YouTuberに対して“謝罪” ヒカキン、はじめしゃちょー、フィッシャーズらへのリスペクト語る」のページです。の最新ニュースでテクノロジー×エンタメをもっと楽しく!「リアルサウンド /TECH/」は、テクノロジー×エンタメの情報とレビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版