>  > THE PRIMALS ライブレポート

『FFXIV』オフィシャルバンド・THE PRIMALSが初ライブツアー “光の戦士”たちも熱狂の一夜に

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 スクウェア・エニックスがPC・PS4でサービスを展開している、人気MMORPG『ファイナルファンタジーXIV』(以下『FFXIV』)。そのサウンドディレクターを務める祖堅正慶を中心に結成されたオフィシャルバンド=THE PRIMALSのライブツアー『THE PRIMALS Zepp Tour 2018 – Trial by Shadow -』が、5月25日よりスタートした。

 2014年に結成されたTHE PRIMALSは、『FFXIV』のBGMをロックサウンドにアレンジし、同タイトルの公式アレンジアルバムへの参加や、各国で開催されたファンフェスティバル及びシークレットライブでパフォーマンスを行なっていた。5月16日には1stアルバム『THE PRIMALS』をリリースし、今回のライブツアーと相まって、音楽ファン、ゲームファンを巻き込む大きなトピックとなっている。当記事ではZepp DiverCityで開催されたツアー初回公演のレポートとともに、ライブ終了後のメンバーインタビューをお届けしよう。


 青いステージライトが照らすなか、これまでのファンフェスティバル同様に黒マントを羽織ったメンバーたちが登場。祖堅が「これからお前らをぶっ倒してやる! 覚悟しろ!」と“光の戦士たち”(FFXIVプレイヤーの総称)を煽り、オープニング曲として「原始の審判 ~蛮神イフリート討伐戦~」を披露した。ドラム、ベース、ギターの音色とシンクロしながらメラメラと燃え上がる炎のCGがスクリーンに映し出されると、客席もペンライトで真紅に染まった。間髪入れずに「混沌の渦動 ~蛮神リヴァイアサン討滅戦~」へと流れ込むと、一転して会場全体が真っ青に染まり、オーディエンスは祖堅のシャウトに、手拍子やコールをバッチリと重ねていく。

 勢いのある2曲を演奏したところでマントを脱ぎ捨て、お馴染みの黒シャツ姿になった祖堅は、5月21日に公開されたばかりのパッチノートを話題にし、「みんな4.3は遊ばなくていいの?」と、光の戦士を心配する一幕も。その後、スローテンポな「英傑 ~ナイツ・オブ・ラウンド討滅戦~」でオーディエンスをクールダウンさせつつ、「逆襲の咆哮」ではミディアムテンポにシフトアップし、メロディアスなギターサウンドで清涼感を与えていく。緩急のあるセットリストだ。

「僕たちは1時間という尺にチューンナップされたおじさんたち。今日は2時間あるけど、普通にやれと言われても無理(笑)」と祖堅の軽快なMCを挟み、スペシャルゲストとして、ベースのイワイ氏が在籍するバンド、チリヌルヲワカにてボーカリストを務めるユウ氏が登場した。「ぶっ倒してやるー!」と気合いを注入し、少女のように愛らしくも透き通るハイトーンで、「雷光雷鳴 ~蛮神ラムウ討滅戦~」を華麗に歌い上げる。

 ソロツアーならではの醍醐味といえる演目だったのは、「堕天せし者 ~蛮神ガルーダ討伐戦~」だ。これまでのライブではスクウェア・エニックスの女性社員をボーカルに招いて披露していたが、今回は祖堅とGUNNによる男らしいボーカルアレンジで、人気曲の新たな一面を見せた。「おじさんはやらないほうがいいかな?」と心配する祖堅氏だった、観客からは「カッコいいよ!」「ハイクオリティ!」と応援の声が上がっていた。

 インスト曲の「イマジネーション ~蒼天聖戦 魔科学研究所~」を挟んだのち、ボーカルのマイケル・クリストファー・コージ・フォックスがステージに登場すると、「曲がらぬ刃 ~蛮神ラーヴァナ討滅戦~」、「メタル ~機工城アレキサンダー:起動編~」を立て続けに披露。マイケルはステージを大きく使って縦横無尽にアクションしながら、サビではオーディエンスとシャウトの応酬を見せるなど、ラウドに歌い上げた。


 今回のライブツアーでは、各公演で「インターミッションショー」ことシークレットセットリストが組まれており、東京公演では「女神 ~女神ソフィア討滅戦~」と「美の謀略 ~蛮神ラクシュミ討滅戦~」の2曲がピックアップされた。観客にとっては意外な選曲だったようで、演奏が始まるとともに驚きの声も上がる。なお、以降のツアーでも同曲を再演するのか、会場によって違う曲を用意するのかは未定とのことで、サプライズも期待できそうだ。


 ライブも終盤、「残すはあと4曲。うるさいのしかないよ!(笑)」と祖堅氏がオーディエンスを煽り、「アンブレーカブル ~博物戦艦 フラクタル・コンティニアム~」と「魔神 ~魔神セフィロト討滅戦~」を続けて演奏。マイケルが再登場し、「過重圧殺! ~蛮神タイタン討滅戦~」が流れると、開演直後の勢いをふたたび取り戻すかのように、客席からも「タイタン!」の掛け声が上がり、その熱狂は最高潮に達する。ラストナンバーとなった「忘却の彼方 ~蛮神シヴァ討滅戦~」では疾走感あふれるギターサウンドをバックに、ユウが力強くもポップな歌声でオーディエンスを魅了した。

 「祖堅コール」とともにアンコールに突入し、ステージに再登場したメンバーたちは「指数崩壊 ~機工城アレキサンダー:天動編~」から続けて、祖堅のピアノとGUNNのギター、そしてユウのボーカルで、しっとりとしたバラードの「忘却の彼方 Never Let it Go」を披露。ここで祖堅はピアノからギターではなくトランペットに持ち替え、「吹けって3日前に言われたんだよ!」とボヤきつつ、「メタル:ブルートジャスティスモード~機工城アレキサンダー:律動編~」を熱演した。往年の特撮モノのオープニングを彷彿とさせるトランペットの甲高い音色と、「ブルートジャスティストランスモード!」という掛け声が特徴的で、『FFXIV』の中でも異彩を放つBGMだけに、客席からの歓声もひと際大きかった。

 勢いもそのままに披露されたのは、THE PRIMALSというバンドの象徴とも言うべき、「ライズ 〜機工城アレキサンダー:天動編〜」、そしてラストナンバーの「ローカス ~機工城アレキサンダー:起動編~」だ。「ライズ!」の掛け声はもちろんのこと、時報音が鳴り響くなか、メンバーたちが静止する定番パフォーマンス「時間停止」からの再始動で、最後までファンを沸かせた。

 全20曲、計2時間に及んだライブが終わり、“光の戦士たち“の拍手が止めどなく響き渡る。それは終演を惜しむというより、それぞれに思い入れの深い楽曲たちの世界観を見事に表現してみせた、メンバーたちを称えるものに思われた。

      

「『FFXIV』オフィシャルバンド・THE PRIMALSが初ライブツアー “光の戦士”たちも熱狂の一夜に」のページです。の最新ニュースでテクノロジー×エンタメをもっと楽しく!「リアルサウンド /TECH/」は、テクノロジー×エンタメの情報とレビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版