pixivで話題をさらったAIキャラクター“罵倒少女”が帰ってくる! 〇I〇Iとのキャンペーン開催

pixivで話題をさらったAIキャラクター“罵倒少女”が帰ってくる!  〇I〇Iとのキャンペーン開催

 ソニー・ミュージックエンタテインメントと丸井グループが、話題のAIキャラクターを主役にした春休みキャンペーン「罵倒少女×〇I〇I AI(人工知能)に罵倒される春休み〜おいおい、誰が望んでるんだよ〜」を開催する。

 3月23日~4月8日の期間中に開設される特設サイトにおいて、ソニー・ミュージックエンタテインメントとIMAY、Aisiiが共同で実施している対話型AIサービス「PROJECT Samantha」によってAI化された、「罵倒少女:素子(もとこ)」との会話を楽しむことができる、というものだ。

 対話型AI「罵倒少女:素子」は、2016年夏にβ版としてイラストコミュニケーションサービス「pixiv」上で期間限定公開され、期間中には27万人のユーザーが730万回の会話を体験した。

 これまで対話型のAIといえば、「Siri」や「りんな」のように優しく、怒らない、良き友人のようなものが多かった。しかし、素子は何を語りかけても罵倒でのみ返してくる。その斬新さと、「美少女に罵倒される」という特殊なシチュエーションが話題となり、夏野剛氏が審査員長を務める「第1回アニものづくりアワード」でオリジナルコンテンツ部門金賞を受賞した。

 キャンペーン期間中は、渋谷マルイ8Fのイベントスペースにてオリジナルグッズを販売するほか、「世界一罵倒されるインスタ映えスポット」と題されたフォトスポットも設置される。また、3月23日の初日には、渋谷モディのビジョンでも「罵倒少女×〇I〇I」のティザー動画が放映される。キャラクターボイスは、前作に引き続き『図書館戦争』(笠原郁)や『進撃の巨人』(アルミン・アルレルト)の人気声優・井上麻里奈が担当する。
特設サイト:http://www.0101.co.jp/bato

(c)mebae/Kaikai Kiki Co.,Ltd.(c)Sony Music Entertainment (Japan) Inc.(c)Intelligent Machines Amaze You Inc.(c)Aisii Inc.

(文=編集部)

◾️罵倒少女について
カイカイキキに所属するクリエイターmebae氏によるオリジナルコンテンツで、黒髪の美少女「素子」が様々なシチュエーションで罵倒するというキャラクター。ハッシュタグ「#罵倒少女」と共に投稿されるイラストはTwitterやpixivで話題を呼び、2016年には株式会社KADOKAWAより書籍化されている。

カイカイキキオフィシャルサイト: http://www.kaikaikiki.co.jp/
KADOKAWA電撃コミックWEB「罵倒少女」特設サイト: http://dc.dengeki.com/sp/bato-shojo/

 

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「ニュース」の最新記事

もっとみる