超常現象が現実のものに!? SXSWソニーブース「WOW Studio」に見る、新たなエンターテイメントの可能性

超常現象が現実のものに!? SXSWソニーブース「WOW Studio」に見る、新たなエンターテイメントの可能性

 ソニーが米オースティンにて開催中の世界最大のクリエイティブ・ビジネス・フェスティバル「SXSW(サウス バイ サウスウエスト)2018」に出展中だ。

 大きく展開されたソニーブース“WOW Studio” (ワオスタジオ)は、同社の最新技術を結集した研究開発段階のプロジェクト、エンターテイメントコンテンツを発表するもので、その名の通り驚きに溢れた展示として、現地でも注目を集めているようだ。テクノロジーに詳しくない観客からも好評で、「最先端技術をカラダで体験できた」「時代がどう変わっていくか興味が湧いた」などのコメントがよせられている。多くの展示のなかから、反響の大きいものをいくつか紹介しよう。

超常現象を現実にするアトラクション「Ghostly Whisper 」


 古い館を舞台に、最新技術で再現された「超常現象」を体感できるのが、「Ghostly Whisper 」(亡霊のささやき)と題されたホラーアトラクションだ。体験者は、家主が提示するタロットカードとともに、あるストーリーを体験していく。それに合わせて、自分にだけささやき声や風の音が聴こえたり、何かに触れられたような感覚を受けたりする、という内容だ。これはソニー独自の音響技術「Sonic Surf VR」や、椅子に仕掛けられた新たな触覚提示技術(ハプティクス技術)によるもので、体験者はVRヘッドセットやイヤフォンも装着せず、着の身着のままで超常現象を体感することになるため、驚きも大きくなる。現実と非現実の境界を越え、エンターテイメントの新たな可能性を広げる取り組みだ。世界中でテーマパークのアトラクションを設計するユニバーサル・パークス&リゾーツとのコラボレーションとのこと、一般に体験できるようになる日も近いかもしれない。

ゲームを変えるかもしれない「A(i)R Hockey」


 3チームで対戦する「A(i)R Hockey」(エーアール エアホッケー)。見るからに未来的なビジュアルで、ソニー開発の高速ビジョンセンサー(IMX382)が高速で移動するパックとマレットをリアルタイムにトラッキングし、独自の予測アルゴリズムで動きに合わせたプロジェクションを展開している。プレイヤーは存在しないパックを打つことになるが、前出の触覚提示技術(ハプティクス技術)によって実際に打っている感覚が得られるという仕組みで、パックの大小によっても感触が変わる。高度なセンサーとアルゴリズムによるプロジェクションと、リアルな触感を得られるデバイスーーこの組み合わせは多くのゲームを変える可能性を秘めていると言えるだろう。VRを活用した没入型のゲームにおいても、「触感」は大きなテーマになっており、今後の進化が期待される。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「コラム」の最新記事

もっとみる