ファーストサマーウイカ×生見愛瑠が『恋です!』を語る 第5話は「全部ぶつける回」

ウイカ×生見愛瑠が『恋です!』を語る

 日本テレビ系水曜ドラマ『恋です!〜ヤンキー君と白杖ガール〜』に出演中のファーストサマーウイカと生見愛瑠のインタビューが公開された。

 漫画『ヤンキー君と白杖ガール』(うおやま/KADOKAWA)をドラマ化した本作は、勝ち気だけど恋には臆病な盲学校の女の子と、喧嘩上等だけど根は純粋なヤンキーの2人が繰り広げる、新世代ラブコメディー。光と色がぼんやりわかる程度の弱視の盲学校生ユキコ(杉咲花)と、喧嘩っ早いけど純粋な不良少年の森生(杉野遥亮)。運命の出会いをした2人がお互いのことを理解し、惹かれ合っていく。

 森生らが集う喫茶店の店主・橙野茜を演じるウイカと、茜の姪で森生に思いを寄せる橙野ハチ子を演じる生見。ウイカは自身が演じる橙野茜について、「自分が目立つというよりは、あくまでもみんなの力になってあげたいっていう茜のスタンスが、ちゃんと見えたらいいなと思ってます。あまりおせっかいすぎず、でも見捨てないっていう。ユキコのパパとイズミお姉ちゃん以外、大人らしい大人があまりいないドラマなので、見守る役割、ハチ子サイドの保護者の気持ちを意識して演じています」と語る。一方の生見は、「ハチ子は私自身とは真逆の女の子ですね。意地悪なことをしてしまうんですけど、ただ意地悪なだけではなくて、いろいろな過去があって、森生のことが好きな気持ちもあって……。その複雑な気持ちを素直に言っちゃう子。なのでセリフの言い回しも難しいです。ただ、喫茶店にいるときは普通の女の子なので、ユキコと話している時と喫茶店のメンバーといる時とで、変化をつけることを心がけて演じています」と自身が演じる橙野ハチ子について語った。

 2人のインタビュー全文は以下の通り。

ファーストサマーウイカ×生見愛瑠 インタビュー

現場の雰囲気について

生見愛瑠(以下、生見):めちゃめちゃいいです! 収録の合間もみんな一緒にけん玉したり。今もジェンガの途中なんですけど(笑)。

ファーストサマーウイカ(以下、ウイカ):今一番いいとこで止まってるから、この取材終わったら倒れてるかもしれないね(笑)。

生見:撮影が毎回楽しみです!

ウイカ:この現場は1個のことが流行りだすと、みんなやりだす傾向で。例えば(杉咲)花さんがおすすめしたスマホのストラップがあるんですけど、スタッフさんも出演者もみんなしだして、私もさっきポチりました! そんな感じで、全員でコミュニケーションがとれているので、そういうチームワークの良さが作品に反映されてるように思います。それが視聴者の皆さんにも伝わって、いいドラマだなって話題にしてくださっているようなので、みんな幸せで最高! って感じですね。

茜を演じる上でファーストサマーウイカが意識していること

ウイカ:だんだん喫茶店に来る人も増えてきて、本当にたまり場みたいになってるのがいいですよね。茜はハチ子の叔母であり、元ヤンだけど、いま頑張ってる若い世代の子たちを支えるお母さんみたいな気持ちもあり……。自分が目立つというよりは、あくまでもみんなの力になってあげたいっていう茜のスタンスが、ちゃんと見えたらいいなと思ってます。あまりおせっかいすぎず、でも見捨てないっていう。ユキコのパパとイズミお姉ちゃん以外、大人らしい大人があまりいないドラマなので、見守る役割、ハチ子サイドの保護者の気持ちを意識して演じています。

ハチ子を演じる上で生見愛瑠が意識していること

生見:ハチ子は私自身とは真逆の女の子ですね。意地悪なことをしてしまうんですけど、ただ意地悪なだけではなくて、いろいろな過去があって、森生のことが好きな気持ちもあって……。その複雑な気持ちを素直に言っちゃう子。なのでセリフの言い回しも難しいです。ただ、喫茶店にいるときは普通の女の子なので、ユキコと話している時と喫茶店のメンバーといる時とで、変化をつけることを心がけて演じています。

ハチ子役への周囲からの反応

生見:「びっくりした!」「怖い!」ってよく言われます(笑)。バラエティーを見てくださっている方が多い分、真顔とか意地悪そうな顔を見るのが初めてっていう方が多かったです。

ウイカ:『ヒルナンデス!』(日本テレビ系)のときに、南原さんに怒られるんでしょ(笑)?

生見:そうなんです! 南原さんが毎週ドラマを見てくださってて、『恋です!』が水曜放送で、私の(『ヒルナンデス!』)出演が木曜日なので、会うたびに「ハチ子、そりゃダメだって~!」って毎回怒られます(笑)。「先週も言ったよね!?」って。

ウイカ:あんな優しい南原さんが怒るって相当だよ?

生見:初めて怒られました(笑)。

ファーストサマーウイカから見る、生見愛瑠の演技

ウイカ:茜の前ではちょっとワガママな兄貴の子供で「そういう年頃よね」っていうくらいの気持ちだと思うんですけれど。……まぁ「私の喫茶店でなにチューしてくれてんねん」って感じはありましたよ(笑)。

生見:(笑)

ウイカ:でも、ハチ子にもバックボーンがあってそういう行動に出てるということが、少しずつ分かってきます。第5話でその背景が見えてきて、ハチ子にも「そうだったんだ」って感情移入できるんじゃないかと思います。(ハチ子への)見方も変わるし、物語としても大きな区切りになってくるんじゃないかな。なので、茜おばちゃんと一緒に、みんなで見守っていくようなスタンスで見てもらえたら楽しいと思います。

第5話の見どころ

生見:ハチ子としては、今までいろいろしてきたことや思いを全部ぶつける回だと思います。1回全部吐き出して、お互いに中身を知って……どうなるか、は言えないんですけど(笑)、楽しみにしていてほしいです!

ウイカ:これまでは、いろんな立場の人がちょっとずつ干渉しあってきたと思うんですけど、第5話はそれぞれのキャラクターがちょっとずつ成長していくというか。イズミがユキコに対して少し距離を取ることを覚えたのと同じように、今度は喫茶店のメンバーの中で、歩み寄るけれども近づきすぎないっていう大人な距離感が見えてくる回ですね。いつものわちゃわちゃな喫茶店とは、ちょっと雰囲気が変わった第5話かなと思います。

ウイカ:予告で森生が怒ってたよね〜。

生見:怒ってましたね! いつもと違いましたよね。

ウイカ:せっかくくっつきそうなのに、これはまだ何かあるなってイチ視聴者として思いました(笑)。皆さんにも楽しみにしていただけたらと思います!

■放送情報
『恋です!〜ヤンキー君と白杖ガール〜』
日本テレビ系にて、毎週水曜22:00〜放送
出演:杉咲花、杉野遥亮、鈴木伸之、奈緒、岸谷五朗、田辺桃子、細田佳央太、戸塚純貴、ファーストサマーウイカ、堀夏喜(FANTASTICS from EXILE TRIBE)、生見愛瑠
原作:『ヤンキー君と白杖ガール』(うおやま/KADOKAWA)
脚本:松田裕子
演出:内田秀実、狩山俊輔
チーフプロデューサー:加藤正俊
プロデューサー:森雅弘、小田玲奈、鈴木香織(AX-ON)
主題歌:「こたえあわせ」JUJU(ソニー・ミュージックレーベルズ)
(c)日本テレビ



インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「国内ドラマ情報」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる