中川大志&新木優子、『ボク恋』クランクアップ 「ずっと忘れない経験になりました」

中川大志&新木優子『ボク恋』撮了

 9月12日に最終回が放送される『ボクの殺意が恋をした』。柊役の主演・中川大志と葵役のヒロイン・新木優子がクランクアップを迎えた。

 本作は、『ルパンの娘』(フジテレビ系)や『グッド・ドクター』(フジテレビ系)などのテレビドラマをはじめ、『翔んで埼玉』や『かぐや様は告らせたい〜天才たちの恋愛頭脳戦〜』などの映画脚本も手がける徳永友一らによる、殺意と恋が入り混じる“スリリング・ラブコメディ”。 最高に“間が悪い”殺し屋で、標的を殺すどころか恋してしまう男虎柊役で中川が主演を務め、秘密を抱える暗殺ターゲットのヒロイン鳴宮美月役を新木、柊の育ての親で伝説の殺し屋・男虎丈一郎役を藤木直人が演じる。そのほか、鈴木伸之、田中みな実、中尾明慶、水野美紀らが共演に名を連ねる。

 最終日の撮影場所は、鳴宮美月の仕事部屋。撮影は長時間に及び、2人がクランクアップを迎えたときには夜遅くになっていた。撮影クルーが見守る中、宝来忠昭監督から花束を贈られた新木は、「3か月間、濃い時間を過ごさせていただきました。大変な状況での撮影でしたが、一つ一つ乗り越えて、楽しめた現場でした。大志君が、いろんなところに気を配ってくださり、私たち共演者を引っ張ってくれました。年下ですが、尊敬するところばかりです。熱い夏になりましたし、楽しいこの作品に参加できてうれしかったです! ありがとうございました!」と笑顔で挨拶をした。

 続いて、星野和成監督から花束を贈られた中川は、「終わりました~!! 主演が決まってからずっと……今日は泣かないと決めていたんですが(笑)。自分にとって初めてのゴールデンプライム帯の主演、そしてオリジナル作品にチャレンジさせていただき、生み出す大変さ、苦しさも改めて痛感しました。でもそれが楽しかったし、自分はやっぱり演じることが好きなんだと感じました。スタッフ、共演者の皆さんに支えていただき、たくさんチャレンジさせていただいた。この先役者をやっていく上で、この作品はずっと忘れない経験になりました。そして、優子ちゃんがずっと隣で支えてくれました。頼ってばっかりでした。本当に楽しかったです! 皆さんありがとうございました!」と、これまでの思いが溢れ、感極まった瞬間もあったが、笑顔にあふれた挨拶でドラマの撮影を締めくくった。

■放送情報
『ボクの殺意が恋をした』
日本テレビ系にて、毎週日曜22:30~23:25放送
出演:中川大志、新木優子、鈴木伸之、田中みな実、中尾明慶、永田崇人、小西はる、水野美紀、藤木直人
脚本:徳永友一ほか
監督:星野和成、宝来忠昭
チーフプロデューサー:岡本浩一
プロデューサー:中間利彦、小島祥子、石田麻衣(ホリプロ)
共同プロデューサー:三上絵里子(日本テレビ)
制作協力:ホリプロ
制作著作:読売テレビ
(c)読売テレビ
公式サイト: https://www.ytv.co.jp/bokukoi/
公式Twitter:https://twitter.com/bokukoi_drama
公式Instagram:https://www.instagram.com/bokukoi_drama
公式LINE:https://lin.ee/kniUOAg
公式TikTok:https://vt.tiktok.com/ZSJqk4KTo/



インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「国内ドラマ情報」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる