奈緒は爽やかな不倫モノにぴったり? 『先生、私の隣に座っていただけませんか?』場面写真

奈緒演じる不倫相手の姿捉えた場面写真公開

 9月10日公開の黒木華と柄本佑がW主演を務める映画『先生、私の隣に座っていただけませんか?』の場面写真とメイキング写真が公開された。

 『嘘を愛する女』『哀愁しんでれら』などを輩出してきたオリジナル作品の企画コンテスト「TSUTAYA CREATORS’ PROGRAM FILM」の準グランプリ作品に輝いた本作。泉里香主演ドラマ『高嶺のハナさん』(BSテレ東)の監督を務める堀江貴大がメガホンを取り、黒木が漫画家の佐和子役、佐和子の夫で、同じく漫画家の俊夫役を柄本が務める。

 物語は、佐和子がある日突然、“不倫”を題材に新作漫画を描くと言い出すところから動き出す。そこにはそっくりそのまま自分たち夫婦が描かれ、佐和子の担当編集者・千佳と不倫をしていた俊夫は、佐和子にバレたかもしれないと精神的に追い詰められていく。さらに漫画は、佐和子と自動車教習所の先生との淡い恋へと急展開。俊夫は恐怖と嫉妬に震えながら漫画を読み進めていくが……。

 公開された場面写真とメイキング写真では、奈緒演じる千佳の姿が切り取られている。千佳は、佐和子の担当編集者というキャラクターで、柄本演じる俊夫の不倫相手でもある。

 堀江監督は「奈緒さんは爽やかであっけらかんとした雰囲気を持っている。“爽やかな不倫モノ”にぴったりの“不倫相手”を演じられるのでは? と思い、オファーしました」と起用意図を明かす。

 劇中、佐和子の担当編集者という立場でありながら、佐和子の夫・俊夫と不倫関係を続けている千佳。佐和子が新たに描き始めた現実そっくりの不倫漫画を読み、追い詰められていく俊夫とは正反対に、「面白い! これは連載いけますよ!」と目を輝かせる。「佐和子も不倫をしているのか? 自分の不倫はバレているのか?」と慌てふためく俊夫と正反対のやりとりも見どころとなる。

 奈緒は撮影当時を振り返り、「真夏の蒸し暑さの中、笑いの絶えない穏やかな現場でした。待ち時間、皆で亀を眺めていた時間は故郷に帰ってきたような懐かしさがありとても印象的でした」と語っている。

■公開情報
『先生、私の隣に座っていただけませんか?』
9月10日(金)、新宿ピカデリーほか全国公開
出演:黒木華、柄本佑、金子大地、奈緒、風吹ジュン
脚本・監督:堀江貴大
劇中漫画:アラタアキ、鳥飼茜
主題歌:「プラスティック・ラブ」performed by eill
製作:「先生、私の隣に座っていただけませんか?」製作委員会
製作幹事:カルチュア・エンタテインメント
制作プロダクション:C&I エンタテインメント
配給:ハピネットファントム・スタジオ
(c)2021『先生、私の隣に座っていただけませんか?』製作委員会
公式サイト:https://www.phantom-film.com/watatona/
公式Twitter:@watatona_2021
公式Instagram:@watatona_2021

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「映画情報」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる