青木柚が石川瑠華のブラウスのボタンをはずす 『うみべの女の子』特報映像&ビジュアル

 漫画家・浅野いにおの同名漫画を映画化する『うみべの女の子』のティザービジュアルと特報映像が公開された。

 緻密で叙情的な画風と繊細な心理描写に定評のある浅野作品の中でも、特に「思春期」「恋」「性」といった題材に真正面から挑んだ作品として、ファンの間でも人気を誇る『うみべの女の子』。映像ディレクターのウエダアツシが監督を務め、映画化した。

 主人公の小梅役と磯辺役は、原作者の浅野もオーディション審査に参加し、石川瑠華と青木柚の2人に決定。小梅の同級生、鹿島役に前田旺志郎、桂子役に中田青渚、三崎先輩役として倉悠貴らが顔を揃え、磯辺の父役として村上淳が出演する。

 公開されたティザービジュアルは、「海ver.」と「性ver.」の2種。「海ver.」は、吹きつける雨風に抗うことなく、どこか憂いを帯びた眼差しをした石川演じる小梅と、青いフードジャケットを被り、意味深な表情を浮かべた青木演じる磯辺が、お互いにあらぬ方向を見つめているデザインに。「雨が嫌い。風は嫌いじゃない。海は―」と抒情的なコピーが挿入されている。

 「性ver.」は、「しても、しても、好きにはなってくれない」というコピーとともに、小梅のブラウスのボタンを無機質で淡々とはずす磯辺と、それを無防備に受け入れる小梅の姿を捉えており、幾度と身体を重ねても、心は繋がれない切なさともどかしさが伝わるビジュアルとなっている。

『うみべの女の子』特報

 特報映像には、本作の劇伴音楽を担当したworld’s end girlfriendが奏でる悲壮さを含んだピアノ音と破滅的なノイズ音が融合した音楽と、“うみべ”の波打ち音が不規則に鳴り響く中、「この街には、真夏になってもあまり賑わうことのない小さな浜辺があって、私はその浜辺で何かを探しながら歩くのが好きだった」という小梅のナレーションとともに、“うみべ”に散乱する漂流物や無造作に設置された消波ブロック、そして、そんな“うみべ”を寄る辺とする小梅と磯辺の姿が映し出されている。特報で使用されているセリフは小梅の「ねえ 磯辺。あたしと、セックスしたい?」だけで、物語の全貌はまだ明らかにされていない。

※高橋里恩の「高」は「ハシゴダカ」が正式表記。

■公開情報
『うみべの女の子』
8月20日(金)新宿武蔵野館、ヒューマントラストシネマ渋谷ほか公開
出演:石川瑠華、青木柚、前田旺志郎、中田青渚、倉悠貴、宮崎優、高橋里恩、平井亜門、円井わん、西洋亮、高崎かなみ、村上淳
原作:浅野いにお『うみべの女の子』(太田出版<f×COMICS>)  
監督・脚本・編集:ウエダアツシ
音楽:world’s end girlfriend
挿入曲:はっぴいえんど「風をあつめて」(PONY CANYON / URC records)
制作プロダクション:スタイルジャム
制作協力:コギトワークス
配給:スタイルジャム
(c)2021『うみべの女の子』製作委員会
公式サイト:umibe-girl.jp