少年たちの忘れられないひと夏の恋 『Summer of 85』第1弾予告編&ビジュアル公開

 8月20日より公開されるフランソワ・オゾン監督最新作『Summer of 85』の第1弾予告編とビジュアルが公開された。

 本作は、オゾン自身が17歳の時に出会い深く影響を受けたエイダン・チェンバーズの小説『おれの墓で踊れ』(徳間書店)を映画化したもの。描かれるのは、運命的な出会いを果たした美しき少年たちの、初めての恋と永遠の別れ。原作小説に感銘を受けた10代当時の感情を投影しながら、少年たちの忘れられないひと夏の恋物語を映し出す。

 1985年夏のフランス、進路に悩む労働者階級の16歳の少年アレックスは、自然体でひょうひょうとした18歳のダヴィドと出会い惹かれ合う。アレックスとダヴィドを演じたのは、いずれもオゾン自らオーディションで見出した、フェリックス・ルフェーヴルとバンジャマン・ヴォワザン。本作は、第73回カンヌ国際映画祭でオフィシャルセレクションに選出、第15回ローマ国際映画祭で観客賞を受賞、第46回セザール賞では作品賞や監督賞など12部門にノミネートされた。

 このたび公開された第1弾ビジュアルは、永遠の別れが訪れることなど知る由もないアレックスが、ダヴィドとの愛を噛みしめるように頬を寄せる姿が描かれている。「あの夏の君を、心に刻んだ」というコピーに込められた、アレックスの儚い感情。刹那の恋の終わりを感じさせる、エモーショナルな仕上がりになっている。

映画『Summer of 85』第一弾予告

 あわせて公開された予告編では、THE CUREの楽曲「In Between Days」に合わせて、アレックスが初めて抱く、ダヴィドへの破裂しそうなほどの恋の衝動が映し出される。ノスタルジックな雰囲気漂うフィルムによる撮影で美しく切り取られた、色鮮やかな青春の数々。しかし、そんな幸せな日々も長くは続かなかった。愛すれば愛するほどに湧き上がる“満たされない気持ち”。「ほんの一瞬も離れたくない」と願うアレックスを待ち受けていたのは、不慮の事故によるダヴィドとの突然の別れだった。

 また、本作のムビチケカード(税込1,500円)が4月23日より発売。劇場購入特典には、アレックスとダヴィドが過ごした夏の一瞬を切り取ったポストカード(3枚セット)が付く。

■公開情報
『Summer of 85』
8月20日(金)新宿ピカデリー、ヒューマントラストシネマ有楽町、Bunkamuraル・シネマほか全国順次公開
監督・脚本:フランソワ・オゾン
出演:フェリックス・ルフェーヴル、バンジャマン・ヴォワザン、ヴァレリア・ブルーニ・テデスキ、メルヴィル・プポー
配給:フラッグ、クロックワークス
原題:Ete 85/英題:Summer of 85/PG-12
(c)2020-MANDARIN PRODUCTION-FOZ-France 2 CINEMA-PLAYTIME PRODUCTION-SCOPE PICTURES
公式サイト:summer85.jp
公式Twitter/Instagram:@summer85movie