横浜流星、『着飾る恋』の川口春奈に「“キュン”というか“ドシン”?」 丸山隆平がツッコミ

 4月20日より放送がスタートするTBS系ドラマ『着飾る恋には理由があって』の制作発表会見が4月17日に行われ、川口春奈、横浜流星、丸山隆平、中村アン、山下美月(乃木坂46)、高橋文哉、向井理、夏川結衣、飯尾和樹が出席した。

 本作は、着飾ることで自分の居場所を得ていたヒロインが、価値観の違う人々とひとつ屋根の下で暮らしながら、恋をしたり、友情を深める中で、鎧を脱ぎ捨て、自分らしく生きる姿を描くラブストーリー。脚本は『恋はつづくよどこまでも』(TBS系)の金子ありさが手がけ、制作チームには『MIU404』『中学聖日記』(ともにTBS系)の新井順子(プロデュース)、塚原あゆ子(演出)が揃った。

 主人公の上司を演じる飯尾和樹(ずん)がMCを務めた会見は、終始和気あいあいムード。すでに第1話を鑑賞したという川口は「みなさんがどう思ってくれるんだろうと、ドキドキワクワクな感じ」と述べ、「新しいと思いました。インフルエンサーとして常に携帯を持っている役柄なんですけど、ピコピコしながらSNSを更新する姿が描かれたり」と手応えを感じている様子。さらに「ただ着飾って、意味もなく自分を取り繕っているだけには見られたくない。共感していただきたいし、一生懸命なところを泥臭くやりたい」と役柄への思いを語った。

 キッチンカーでバルを営業する料理人・駿を演じる横浜は、本作で見事な包丁さばきを披露。練習には2カ月ほど費やしたといい、切るのが一番得意なのは「玉ねぎです」とにっこり。明るい役柄を演じることについては「いや~難しいですね」とこぼし、「監督から『三枚目で、(明石家)さんまさんや大泉(洋)さん路線の感じでやってほしい』と言われて。ただ、心は閉じている(キャラクター)」と、これまでにない役どころの難しさを吐露するも、「今は、ようやく楽しくできるようになってきた」と充実の表情を見せた。

 真柴のルームシェア仲間であり、オンラインカウンセラー役の丸山は「僕は相談されたりすることがないので、新鮮でおもしろい」とコメント。さらに「塚原監督は、日常を一緒に過ごしている人たちの会話から、自然と出てくる距離感を大事にする方」といい、特に“はとこ”である駿との距離感を大切に演じていると告白。横浜が「目でね」と同調すると、丸山も「そう、アイコンタクトみたいな」と、セリフにはない部分での関係性も見どころになると予告した。

 また今作で、中村はトレードマークともいえる長い髪を30cmカット。「一応ウィッグも買って。髪をかきあげるのが商売道具でもあったので(笑)」とヘアカット前の迷いを明かし、「新しい自分になりたかったのと、自分の中でも切りたかったので。ターニングポイントになるようがんばりたい」と決意を新たに。「髪をかきあげるっていう鎧が取れたら、気持ちが楽になった」と声を弾ませた。