映画製作の技術を応用したタイムトラベル 仏映画『ベル・エポックでもう一度』6月公開決定

映画製作の技術を応用したタイムトラベル 仏映画『ベル・エポックでもう一度』6月公開決定

 ダニエル・オートゥイユが主演を務めたフランス映画『ベル・エポックでもう一度』が、6月よりシネスイッチ銀座ほかにて公開されることが決定した。

 今や何もかもがデジタル化された社会、タブレットかスマホさえあれば、たいていのことは解決できる。そんな世の中の変化についていけない元売れっ子イラストレーターのヴィクトル。仕事を失い、妻のマリアンヌにも見放されてしまった父を元気づけようと考えた息子は、友人のアントワーヌが始めた「タイムトラベルサービス」をプレゼントする。映画製作の技術を応用して客の戻りたい過去を広大なセットに再現する、体験型のエンターテイメントサービスだ。ヴィクトルは「1974年5月16日のリヨン」をリクエストする。指定されたセットに行くと、まさに1974年のリヨンの街並みと彼が泊まったホテルがそこにあった。部屋に用意された70年代ファッションに着替え、今はなき想い出のカフェで、アントワーヌの恋人で女優のマルゴが演じる“運命の女性”と出会うヴィクトル。記憶通りの輝かしき日々の再体験にすっかり夢中になり、見違えるほどイキイキしたヴィクトルは、延長のために妻に内緒で唯一にして全財産である別荘まで売り払ってしまう。しかし、そんな彼を思いがけない出来事が待ち受けていた。

 主人公のヴィクトルを演じたのは、『橋の上の娘』『隠された記憶』オートゥイユ。妻のマリアンヌを、『ペダル・ドゥース』『8人の女たち』のファニー・アルダンが演じた。さらに、「タイムトラベルサービス」の生みの親で総監督を務めるアントワーヌには『冬時間のパリ』のギヨーム・カネ、彼の恋人でヴィクトルの“運命の女性”を演じることになったマルゴには『ザ・ゲーム ~赤裸々な宴~』のドリア・ティリエが名を連ねた。『タイピスト!』などに俳優として出演し、本作が監督2作目となるニコラ・ブドスが、監督・脚本・音楽を担当した。

■公開情報
『ベル・エポックでもう一度』
6月、シネスイッチ銀座ほか公開
監督・脚本・音楽:ニコラ・ブドス
出演:ダニエル・オートゥイユ、ギョーム・カネ、ドリア・ティリエ、ファニー・アルダン、ピエール・アルディティ、ドゥニ・ポダリデス
配給:キノフィルムズ
提供:木下グループ
2019年/フランス/カラー/シネスコ/DCP/5.1ch/115分/字幕翻訳:横井和子/原題:La Belle Epoque/R-15
(c)2019-LES FILMS DU KIOSQUE-PATHE FILMS-ORANGE STUDIO-FRANCE 2 CINEMA-HUGAR PROD-FILS-UMEDIA
公式サイト:https://www.lbe-movie.jp

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「映画情報」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる