犬を取り巻く社会を映し出すドキュメンタリー 『犬は歌わない』6月公開決定

犬を取り巻く社会を映し出すドキュメンタリー 『犬は歌わない』6月公開決定

 ドキュメンタリー映画『犬は歌わない』が6月に公開されることが決定した。

 本作は、ロカルノ国際映画祭で2部門受賞を果たしたドキュメンタリー映画。宇宙開発、エゴ、理不尽な暴力、犬を取り巻くこの社会を、ソ連の宇宙開発計画のアーカイブと地上の犬目線で撮影された映像によって描き出す。

 宇宙犬として有名なライカは、かつてモスクワの街角を縄張りにする野良犬だった。宇宙開発に借り出された彼女は宇宙空間に出た初の生物であり、初の犠牲者となった。時は過ぎ、モスクワの犬たちは今日も苛酷な現実を生き抜いている。

 1950年代、東西冷戦の時代。ソビエト連邦は宇宙開発に向けて様々な実験を繰り返していた。その中の一つがスペース・ドッグ計画。人間の宇宙飛行が可能か検証するために数十回に渡り、犬を宇宙空間へと送った。1957年、世界初の“宇宙飛行犬”として本作の主人公の一匹でもあるライカは人工衛星「スプートニク2号」に乗り込んだ。彼女は地球生まれの生物として初の軌道飛行を達成したが、生きて戻ることはなかった。死因は諸説あるが打ち上げ後のストレスと高熱が最も有力とされている。ライカとスプートニクに関しては数多の学術的検証がなされ、またこの伝説的な宇宙犬をモチーフとした物語が世界各国で生み出されることとなった。

 あわせて公開されたポスタービジュアルでは、宙に浮かぶ犬とそれを地上から見つめる犬の2匹の姿が写し出され、「知ってるか 初めて宇宙を飛んだのは おれたちの先祖だ」とコピーが添えられている。

■公開情報
『犬は歌わない』
6月より、東京・シアター・イメージフォーラムほか全国ロードショー
監督・プロデューサー:エルザ・クレムザー&レヴィン・ペーター
ナレーション:アレクセイ・セレブリャコフ
撮影監督:ユヌス・ロイ・イメル
音楽:ピーター・サイモン&ジョナサン・ショア
編集:ヤン・ソルダット、ステファン・ベヒャンガー
後援:オーストリア大使館・オーストリア文化フォーラム
配給:ムーリンプロダクション
2019年/オーストリア・ドイツ/DCP/91min/カラー・モノクロ/DOLBY SRD 5.1
(c)Raumzeitfilm
公式サイト:http://moolin-production.co.jp/spacedogs/
公式Twitter:@SpaceDogsJP
公式Facebook:https://www.facebook.com/SpaceDogsJP

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「映画情報」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる