『アノニマス』香取慎吾とシム・ウンギョンが対峙 “SNSにおける正義”を考えるきっかけに

「SNSのネット炎上のような、みんなで一斉に叩くやり方じゃ、見えない真実もあるんだ」

 SNSの誹謗中傷問題に真正面から向き合った『アノニマス ~警視庁“指殺人”対策室~』(テレビ東京系)が、ついに最終回を迎えた。しかし「完結」と、ひとことに言い難いものが残る。それは現実社会においても、まだ正解が見えていない問題だから。私たちも、私たちなりの正義を探し続けなければならないのだと、改めて感じるラストだった。

正義の暴走が、真実を見誤らせる

 万丞(香取慎吾)の元相棒・倉木(シム・ウンギョン)は、正義感の強い刑事だった。真相を突き止めるために、万丞とぶつかり、それでも屈することなく自らの足で容疑者を追いかけるような……。しかし、その堅い正義感ゆえに、2年前の事件で警察組織から裏切られたことを知り、心がポッキリと折れてしまったのだろう。

 心神喪失を装いながら、警察を私的制裁を下す準備を続けてきた倉木。サイバー犯罪の容疑者にもなりうる技術を持った協力者・春川(柳俊太郎)と共に、警察内部のサーバーにアクセスし、情報を集めていく。

 その捜査方法は、かつての倉木とは真逆のスタイル。事件の当事者と会うこともなければ、調書に記載されていない様々な事情までは知ることはできない。その様子は、まるでタイムライン上に流れてくる情報だけを鵜呑みにしてしまうネットユーザーと同じだ。

 “集合知こそが警察に変わる新しい時代の正義になる”。そう倉木は信じて疑わなかったが、その狭い視野こそが「正義の暴走」の正体。真実を見誤ったと気づいたときには、取り返しがつかないことになってしまうのだ。

死んで良い人間なんて、1人もいない

 2年前の証拠を捏造したのは、城ヶ崎刑事部長(高橋克実)によるものだと突き止めた倉木。これまで収集してきた警察の内部情報を全てWebサイト『裏K察』上で晒すと、一斉に城ヶ崎叩きが始まった。

 動画配信者は再生回数欲しさに城ヶ崎の家族を執拗に追いかけ回し、ネット上ではアノニマスの正義に加担しようと個人情報を晒す動きも。そして、ついには城ヶ崎が家族を守るべく、自ら命を絶つ選択をする悲劇が起こる。

 城ヶ崎の自殺のニュースを聞いても、ネットユーザーたちの反応は、さも「死んで当然」という声が多数上がっていた。誰かを追い込んで一斉に叩き、命を奪われても心が動くことはない社会。これが「新しい時代の正義」と言えるのだろうか。この光景は、現実の私たちが生きる日本と、“ほんの少し”ズレただけの世界線だと思うとゾッとする。

 以前、万丞はこう叫んだ。「俺たちがネットの情報に安易に乗っかっていいと思ってんのか」と。その信念を貫くべく、対面の捜査を続ける。城ヶ崎の家族と向き合い、彼の遺書の向こう側にある本音に寄り添いたいと願った。そして、城ヶ崎も駒の1つに過ぎなかったこと、さらにその先に黒幕がいたことを突き止める。