『君と世界が終わる日に』中条あやみが竹内涼真に銃口を向けた理由を考える S2への布石も

 銃声が鳴り響く。人質交換の場に現れた来美(中条あやみ)は、かつての恋人から差し出された手を振り払った。なぜ、来美は響(竹内涼真)に銃口を向けたのか? (以下、ネタバレ含む)

 『君と世界が終わる日に』(日本テレビ系)第9話。前回ラストで、響の放った矢によって来美は胸を射抜かれる。ジアン(玄理)の処置で一命は取り留めたものの、響は後悔の念に苛まれる。その頃、勝利(田中奏生)に撃たれた紹子(安藤玉恵)の傷が悪化。駐屯地から脱走してきた桑田(浅香航大)の手引きで、抗生剤と勝利の人質交換を行うことになった。

 交信する響と来美。衝撃的な再会を経て、ようやく互いの思いを確認する機会が訪れた。響は無線越しに心情を吐露する。「ずっと何が正しいのか考えてた。全部間違ってたような気もするし、許し合うのは簡単じゃないかもしれない。でも、あの夜に戻れるなら俺は何だってするよ」と。来美もそれを聞いて目を潤ませる。不幸な出来事で引き裂かれた2人には、互いを信じる気持ちが残っているように見えた。

 「一緒に帰ろう」という響の呼びかけに「さよなら」と返したとき、来美は何を考えていたのだろうか? 直接語られない来美の心境は推測するしかないが、いくつか思い当たる節もある。自身を手にかけた恋人に対する怒りあるいは仕返しの動機は、あっても副次的なものだろう。響が自分に嘘のつけないまっすぐな人間であることは誰よりも来美が知っている。侵入者を撃退しなくてはならない響の立場も理解できるはずだ。そう考えると、来美が銃を撃ったのは何か別の理由があると思われる。

 考えなくてはならないのは来美が置かれた状況だ。来美は首藤(滝藤賢一)のワクチン開発に協力していた。自身のせいでウイルスに感染してしまった愛奈(新津ちせ)を救いたい一心で被験者を引き受け、首藤を献身的に支えてきた。医師としての使命感もあっただろう。ただ首藤は、ここに来てその狂った本性をむき出しにしている。あると思われたワクチンは完成しておらず、駐屯地の人々を支配するための口約束にすぎなかった。ワクチンがあるはずの冷凍保存装置には別のものが保存されており、首藤は「私の全て」を壊した響に強い憎しみを抱く。