若月佑美、『新・ミナミの帝王』出演を語る 「ジュニアさんのオーラがすごかったです!」

 3月23日にカンテレ(関西ローカル)で放送される『新・ミナミの帝王~銀次郎の愛した味を守れ!〜』に出演する若月佑美のコメントが到着した。

 本作は、原作・天王寺大、萬画・郷力也の漫画『ミナミの帝王』を実写化した作品で、借金をどんな手を使ってでも取り立てることから“ミナミの鬼”と恐れられている、千原ジュニア演じる大阪ミナミの金貸し・萬田銀次郎が主人公のヒューマンドラマ。2010年の放送スタートから11年目、シリーズ第20作となる今作は、初のゴールデン帯で放送される。

 第20作の『銀次郎の愛した味を守れ!』は、小さなビストロを舞台にコロナ前、コロナ禍、そしてコロナ後のミナミを描くストーリー。若月は、銀次郎と弟分・坂上竜一(大東駿介)が行きつけの喫茶店「エリエート」のウエイトレス・薄井翠を演じる。翠は、愛想はないが物怖じしない性格で、銀次郎から調べものを頼まれるなど陰ながら銀次郎をサポートしていく。

 『新・ミナミの帝王』について、若月は「作品名を聞いたときは、正直、怖いのかなと思ったんですけど(笑)。まず現場が明るくて、笑いが絶えなくて」と撮影に参加した感想を語る。また初めてのウエイトレス役については「“初めて感”は絶対に出してはいけないですし、“いつもの日常感”を出せるようにと思って、コーヒーを出したり下げたりする時、スムーズにできるように、家で練習していました(笑)」と話す。さらに銀次郎役の千原については、「ジュニアさんって思う前に、目の前に銀次郎がいる!って思いました(笑)。実際にお会いしたら、背がとても高くて、スラっとしていて、カッコいいなって。(これまでは)お笑い芸人としてのジュニアさんの印象しかなかったので」と初共演の印象を述べた。

 そして「今回の『新・ミナミの帝王』は、コロナのことにも触れていたり、誰しもが経験したことがあったり、言葉にしたいことが出てきたりとか、リンクすることが多いんじゃないかと思います。その中にも笑いがたくさんあって…フィクションのようなリアルなような、そんなところを楽しんでいただければステキなんじゃないかなって思います」とメッセージを寄せた。自身については「いや~、私はもう…新しく入った店員をよろしくお願いします(笑)」とアピールした。

若月佑美 コメント

関西色の濃い『新・ミナミの帝王』に参加した感想

『ミナミの帝王』という作品名を聞いたときは、正直、怖いのかなと思ったんですけど(笑)
まず現場が明るくて、笑いが絶えなくて。台本を読むと現実とリンクするところもたくさんあったりもしていて。この作品に参加させていただく事ができてうれしいです。

関西弁が飛び交う現場について

私は関西弁じゃなくてもいいのに、つられたところがあってNGが出て、もう一回撮り直しをしました(笑)

これまで関西弁の役の経験は?

ないですね。長崎弁や広島弁はあるんですけど関西弁はないので、いつかは挑戦してみたいです!
皆さん流ちょうでしたから、これは(ぜひ)と思って(笑)

喫茶エリエートのウエイトレス・薄井翠を演じるにあたって事前に準備したこと

ウエイトレスというのは今回が初めてだったんですけど、“初めて感”は絶対に出してはいけないですし、“いつもの日常感”を出せるようにと思って、コーヒーを出したり下げたりする時、スムーズにできるように、家で練習していました(笑)。あとは、カップの持ち手をお客様に合わせて向きを変えるようにとか…大東さんが左利きだったので、その時はそれに向きを合わせるようにスッとするのが、翠っぽいかなと思ってやってみました。
(自分で)勝手にやらさせて頂きました(笑)

これまで持っていたこの作品の印象、参加して印象が変わったことなど

翠を演じるにあたって、これまでの作品でエリエートのシーンを中心にいくつか見たんですけど、ただおもしろいというだけではなく、お金に関する“黒い”部分も取り上げたり、人の“情”ということにも触れていて、考えさせられる部分もありました。それに、エリエートで働く女の子はかわいいなってずっと思っていたので、そこに自分が入るのは大丈夫かなって心配でしたけど、この作品の一員になれたことがうれしかったです。

萬田銀次郎役の千原ジュニアとの初共演について

そうなんです。他の番組でもなくて。ジュニアさんのオーラがすごかったです! ジュニアさんって思う前に、目の前に銀次郎がいる!って思いました(笑)。実際にお会いしたら、背がとても高くて、スラっとしていて、カッコいいなって。(これまでは)お笑い芸人としてのジュニアさんの印象しかなかったので。

大東俊介との共演について

めちゃめちゃムードメーカーです! 私は人見知りなんですけど、気さくに話しかけてくださって。翠といつもエリエートに来ている常連さんという関係性、雰囲気を作りやすくしてくださって、本当に感謝しています。

笑いが絶えない撮影現場に

ほぼ大東さんです(笑)。関西弁ならではのアドリブを入れてくださって、楽しい現場でした。

視聴者、ファンにメッセージ

今回の『新・ミナミの帝王』は、コロナのことにも触れていたり、誰しもが経験したことがあったり、言葉にしたいことが出てきたりとか、リンクすることが多いんじゃないかと思います。その中にも笑いがたくさんあって…フィクションのようなリアルなような、そんなところを楽しんでいただければステキなんじゃないかなって思います。

自身のアピール

いや~、私はもう…新しく入った店員をよろしくお願いします(笑)

■放送情報
『新・ミナミの帝王~銀次郎の愛した味を守れ!~』
カンテレにて、3月23日(火)19:00〜20:59放送(関西ローカル)
出演:千原ジュニア、大東駿介、赤井英和、小島藤子、駿河太郎、羽野晶紀、若月佑美、円広志、東幹久ほか