『あなたのそばで明日が笑う』が描いた“過去と未来”の希望 三浦直之の脚本を読み解く

 「僕の知る限り一番のラブストーリーだった」と、池松壮亮演じる葉山瑛希は言った。そう、本当に、とても美しいラブストーリーだった。止まったままの恋と、現在進行形の恋が、どちらも遜色なく、美しく煌めいていた。3月6日にNHKで放送された、東日本大震災10年特集ドラマ『あなたのそばで明日が笑う』のことである。

 本作は、宮城県石巻市を舞台に、行方不明の夫・高臣(高良健吾)を待ち続ける女性・真城蒼(綾瀬はるか)が、震災を知らない建築士・葉山瑛希(池松壮亮)と出会い、心を通わせていく物語である。綾瀬はるか、池松壮亮、高良健吾、土村芳が、他の配役を想像できないぐらいのはまり役で愛すべき登場人物たちを演じていたのも印象的だった。そして、なにより素晴らしかったのは、よるドラ『腐女子、うっかりゲイに告る。』(NHK総合)を手掛けた、劇団ロロ主催の三浦直之の脚本である。

 冒頭、蒼は夢を見ている。震災で行方不明になったまま帰ってこない夫・高臣が、震災当時3歳だった息子・六太(二宮慶多)と、もう今はない本屋「BOOKS草原」で「恋の話」を探している。会話に加わった蒼は本棚にある絵本『100万回生きたねこ』(著:佐野洋子)に手を伸ばし、高臣と偶然手が触れ、互いに照れた顔で見つめ合うところで、目が覚める。その手に残った高臣の感触を忘れないようにするかのように、すぐさま彼女は夢で起こったことを日記に書き留める。「高臣へ」という日記帳に。

 開始3分以内に全てが凝縮されている。これは「恋の話」だ。しかも、過去の恋と現在の恋の共存の物語。夢の中の高臣と蒼が手に取ろうとした絵本『100万回生きたねこ』は、その後に彼女が出会う、葉山瑛希との、まるで絵本の中の「ねこ」と「白いねこ」のように寄り添う恋を導く鍵となる。

 夢の中でしか出会えない夫の手のぬくもりをいつまでも手放すまいとする蒼の手は、「区切りをつけるために未来に向かう本屋を作りたい」と言いながら、ずっと逡巡しているかのようにモゾモゾと動いている。既に息子の死を受け入れている高臣の母・浅子(阿川佐和子)と共に初めて墓参りに行き、実際には遺骨のない夫の墓に向かって手を合わせるものの、耐え切れずその手を震わせる。

 彼女の手は、「区切りをつけよう」「未来に向かおう」と行動する彼女自身とは裏腹に、高臣のいる「過去」に向かってせわしなく動き続ける。

 時にペンを持って、日記帳に向かう。忘れてしまうことが怖いから。自分の頭の中に、高臣が存在しなくなっていくことで、彼が本当にいなくなってしまうような気がして、彼女はできるだけ高臣のいる「過去」に留まろうとする。

 時に、スコップを持って、砂浜を掘り続ける。高臣がプロポーズの時に浜辺でなくして、見つからないままの結婚指輪を、いつまでも探している。「今日見つからなくても明日見つかるかもしれない」という「希望」のために。それは、「高臣が亡くなって」と形容する人々に対して「亡くなってないよ、まだ何も見つかってないんだから」と何度も答える彼女に繋がる。「見つかってない」から、彼女は、高臣と共にいることができるのである。

 そんな彼女に「区切りをつけなくていい。後ろを向くことで、前に進んでいけばいい」と呈示してみせたのが、彼女と本屋を作る、建築士の瑛希だ。彼は、高臣と蒼が共に過ごした本屋の本棚を再現することで、蒼が高臣を待ち続ける/共に生き続けるための空間を作ると共に、前に進もうとする彼女が望む、皆が集まれる、カフェスペースも併設した「未来に向かう空間」をも作ったのだった。