玉森裕太の氷上プロポーズの行方は!? 『ボス恋』美しき第8話ラストシーンを振り返る

 「理想じゃなくて俺の本物の彼女。あの時は嘘だったけど、奈未ちゃんが俺の気持ち、本物にしてくれたんだ」――『オー!マイ・ボス!恋は別冊で』(TBS系)第8話で、実家の宝来グループを継ぐことに決めた潤之介(玉森裕太)が、姉である編集長の麗子(菜々緒)に、奈未(上白石萌音)のことを正式に彼女として紹介した際に言った言葉だ。

 その前に、週刊誌に掲載されてしまった編集長のパワハラ疑惑を、まさに今コラボ企画が進行中の化粧品メーカー社長の前で解くために、奈美が麗子に喧嘩を吹っかけるシーンが描かれていたが、そこでも奈未は「嘘は本当にはならないから、本当を見てもらうしかないと思った」と話していた。

 決して嘘が真実になることはないけれど、それでも不甲斐ない自分に向き合いながら自問自答し、背伸びしてみたり無力感に苛まれたり、時に自身の本音に気づかない振りしてうそぶいてみたり、時に遠回りをしながら、それでもその歩みを止めなかった先に思いもよらぬ「本当」が待っているものなのかもしれない。それは仕事でも恋でも言えることで、当初描いていた「理想通り」とはいかなくとも日々刻々と変化する自分と相手と環境の掛け算で、一つとして同じものがない「自分だけの本物」が出来上がり、気づいた時にそれを手にしているものなのだろう。

 人並みの幸せを求めて入社した音羽堂出版で、最初は想定外のバリキャリ鬼編集長の元でのアシスタント業務に不平不満しかなかった奈未が、今や編集長のピンチを救い、さらに撮影現場で潤之介と一緒に仕事をする日が来ようとは誰が想像できただろうか。宝来姉弟の家業を巡る複雑な想いや関係性もあって、さらに潤之介がカメラマンを辞める決意を固めたことも知っている我々視聴者からすれば、ことさら込み上げてくるものがあったシーンとなった。