板谷由夏が『おちょやん』で杉咲花、篠原涼子と再共演 一平との親子関係が描かれる?

 『おちょやん』(NHK総合)第13週目「一人やあれへん」では、主人公の竹井千代(杉咲花)が所属する鶴亀家庭劇の座長・一平(成田凌)の母親役・夕として板谷由夏が登場するようだ。

板谷由夏

 板谷と言えば、女優業だけでなく報道番組『NEWS ZERO』(日本テレビ系)でキャスターを11年間務めたり、映画情報番組『映画工房』(WOWOW)でもMCを担当し幅広い活躍を見せている。

 本作が『こころ』(NHK総合)に続き朝ドラ出演2作目となる板谷だが、過去に本作出演者との共演が数多く見られた。『ハケン占い師アタル』(テレビ朝日系)では杉咲花演じる主人公アタルの上司・大崎役を演じたが、彼女のイメージとして先行しがちな自立したパワフルな女性像とは正反対の、人の顔色ばかり窺っている気弱な役どころを熱演した。また、本作で芝居茶屋「岡安」の女将・シズ役を演じる篠原涼子とは、映画『SUNNY 強い気持ち・強い愛』で共演し、板谷はかつて2人が所属していた女子高生グループ“SUNNY”率いるリーダーの芹香役を好演。芹香はカリスマ性抜群の独身女性社長だがガンによる余命宣告を受けるという役どころで、篠原演じる平凡な専業主婦役と対照的な描かれ方をしていた。また、篠原が主演を務めた『anego』(日本テレビ系)に続き、『ハケンの品格』(日本テレビ系)第1シーズンでも正社員の黒岩役として出演し、肩肘を張りながらバリキャリを続けることに実際には限界を感じながらも本音を隠しながら働くという役柄だった。

 凛とした佇まいで強く自立した女性役はもちろん、正反対の気弱で繊細、なかなか自分の本音を曝け出せないような役どころ、さらにそれだけではなくその両方をも内包した役柄までやってのけてしまう板谷。ただ、いずれの役にも共通しているのが、その表現法は異なるものの“愛情いっぱい”のキャラクターを演じることが圧倒的に多いことだ。