幼なじみにミスコン出場を告白! 『MISS ミス・フランスになりたい!』本編映像公開

幼なじみにミスコン出場を告白! 『MISS ミス・フランスになりたい!』本編映像公開

 2月26日公開のフランス映画『MISS ミス・フランスになりたい!』の本編映像が公開された。

 本作は、TVドラマを中心に多くの作品を手がけ、俳優として『イヴ・サンローラン』『あしたは最高のはじまり』にも出演したルーベン・アウヴェス監督の2作目の劇場公開長編映画。Netflixオリジナルドラマ『エミリー、パリへ行く』やAmazonプライムドラマ『マーベラス・ミセス・メイゼル』などに出演し、本作が初主演映画となるフランス人モデルのアレクサンドル・ヴェテールが主演を務める。

 主人公・アレックス(アレクサンドル・ヴェテール)が、女性の美と知性を競う場であるミスコンに男性であることを隠して参加、夢と現実の違いに悩みながらも自分の殻を破り、自分だけの生き方や価値観を見つけていく姿を描く。

『MISS ミス・フランスになりたい!』本編映像

 公開された映像は、アレックスが幼なじみでボクサーとして成功しているエリアス(クエンティン・フォーレ)に再会し、久々に二人で食事をすることになるシーンから始まる。美しい女性の姿のアレックスが待ち合わせのレストランに現れ、「(君は)アレックス?」のエリアスの問いかけに「アレクサンドラ」と優雅に答えるアレックス。初めて見るその姿に驚きを隠せないエリアスは「何があった?」と動揺を隠せないまま続けて問いかけるが、アレックスは「ミス・イル・ド・フランスとして全国大会に出る」と冷静に返答する。しかしそれを聞いてエリアスは「ミス・イル・ド・フランス……君が?」「嘘だろ」「どうやって?」とさらに混乱。

 そんな混乱した様子のエリアスにアレックスは、ミスコン出場者として自身の写真が掲載されたスマホのニュース画面に映し出された記事を提示、そして「女でいると強くなれる」とその想いを告白。事態を理解し冷静さを取り戻した彼に対して「ミスコンで優勝するために手を借りたい」「要るのは努力と勝者の考え方」「今は他の子に負けてる」と頼み込む。しかし、なぜボクサーである自分にそんなことを頼んでくるのかが理由がわからず返答に困ってしまったエリアスに対して、実は「それだけじゃない」「(エリアスに)再会して昔を思い出した、輝いてた頃を」「優勝したい」と、今の自分があるのはエリアスに再会したことがきっかけだったと、本音を全てぶちまける。そして、その彼の真剣な気持ちに打たれたエリアスは「明日ジムに来い」と、アレックスの夢に協力を申し出ることに。自分の本音を曝け出すことで、周囲もどんどん幸せに巻き込んでいくアレックスの姿を切り取った瞬間となっている。

■公開情報
『MISS ミス・フランスになりたい!』
2月26日(金)、シネスイッチ銀座ほか全国公開
監督・原案・共同脚本:ルーベン・アウヴェス
出演:アレクサンドル・ヴェテール、イザベル・ナンティ、パスカル・アルビロ、ステフィ・セルマ
撮影監督:ルノー・シャッサン
プロデューサー:レティシア・ガリツィン、ユーゴ・ジェラン
音楽:ランバート
配給:彩プロ
2020/フランス/フランス語/スコープサイズ/107分
(c)2020 ZAZI FILMS ‒ CHAPKA FILMS ‒ FRANCE 2 CINEMA ‒ MARVELOUS PRODUCTIONS

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「映画情報」の最新記事

もっとみる