東野絢香、舞台で鍛え上げた演技力 『おちょやん』第11週は千代の親友・みつえの恋物語に

 『おちょやん』(NHK総合)第11週目「親は子の幸せを願うもんやろ?」では、主人公の竹井千代(杉咲花)の今や親友であり、元は奉公先だった芝居茶屋「岡安」の一人娘・岡田みつえ(東野絢香)の恋物語が描かれるようだ。

 みつえは、幼少期は一平(成田凌)への好意を見せていたが、どうやら今、恋心を寄せているのは、「岡安」と犬猿の仲にあるライバル店「福富」の一人息子である福助(井上拓哉)で、しかも2人は付き合っているようだ。みつえに縁談話が持ち上がり、彼女はこれに抗おうとし、2人の母親であるシズ(篠原涼子)と菊(いしのようこ)の仲の悪さに絶望して駆け落ちを企てる。

 みつえ役を熱演している東野絢香は、本作が朝ドラ初出演となる。意外なことに彼女の映像作品への出演自体、『猪又進と8人の喪女~私の初めてもらってください~』(カンテレ・BSフジ)でのゲスト出演、『連続ドラマW 夜がどれほど暗くても』(WOWOW)へのレギュラー出演と、本作が3作目である。しかし、あれだけの大御所に囲まれながらも全く引けを取らず霞むことなしに存在感を発揮しているのには理由がある。舞台作品出演で着実に鍛え上げてきた確かな演技力を持ち合わせているからだ。

 みつえは「岡安」の一人娘として、特に父親からの溺愛を受け何不自由なく育ったお嬢様。それに対して、同い年ながら奉公人である千代とは対照的な存在で、長らくその関係性を崩さずに距離感を保ったまま接していたかに見えたみつえだったが、実際には千代の境遇やそれにもめげずにいつでも前向きな姿に内心千代に興味を持ち、認め、実際には距離を縮めたいと思っていたようだ。ただ、幼いながらもずっと仕込まれてきた“自分は将来「岡安」の女将になるんだ”という気負いから、なかなか線引きを越えられなかったのかもしれない。また、自身が想いを寄せる一平と仲の良い千代に嫉妬していた節もあったのだろう。

 「岡安」に千代の父親・テルヲ(トータス松本)と借金取りが押しかけてきた際に、「あの子がこれまで、どんだけしんどい思いしてきたんか、うちらには一生わかれへん。せやさかい、あの子追い出すような真似でけへん」と千代を思いやるシーンがあった。また、「岡安」を出ていこうとする千代を引き留めようとするも「ほな、どうしたらええ?」と思わず口を突いて出た千代からの問いかけに対し、言葉に詰まってしまう一幕も。

 これまで当然のように“施す側”にいたみつえだが、理不尽・不条理を目の当たりにして本当に大切なものを守りたいと思ったときに、自身の無力さを初めて知った瞬間だったのではないだろうか。“誰にもどうしようもないこと”に初めてぶち当たった経験だったのかもしれない。