『半妖の夜叉姫』第19話、琥珀の成長を感じさせる回に 翡翠との師弟関係の尊さ

 高橋留美子原作のアニメ『犬夜叉』シリーズのスタッフが再集結し、次世代の物語を紡ぐ『半妖の夜叉姫』(読売テレビ・日本テレビ系)の第19話「愛矢姫の紅夜叉退治」が2月13日に放送された。

 これまで数話にわたって、獣王・麒麟丸が束ねる四凶たちとの厳しい戦いに身を投じてきたとわ(松本沙羅)とせつな(小松未可子)、もろは(田所あずさ)の3人。だが、彼女たちの妖怪退治は一旦お休み。代わりにせつなたち妖怪退治屋と、もろはをはじめとする賞金稼ぎが合戦を繰り広げることとなった。

 というのも妖怪退治屋の1人、翡翠(浦尾岳大)が第7話に登場した関東管領家・扇谷柊弾正の娘である愛矢姫(山岡ゆり)に「賞金稼ぎとの合戦に勝利すれば召し抱えにしてやろう」と持ちかけられたから。指定された賞金稼ぎたちの中に、もろはがいたのだ。頭である琥珀(木村良平)が不在の中、翡翠はその依頼を勝手に引き受けてしまう。

 翡翠は、『犬夜叉』で犬夜叉やかごめと行動を一にしていた不良法師・弥勒の息子。弥勒は自分の本心を他人に知られまいと、美しい女性を見ては口説くという軽薄な行動を取っていたが、唯一本気になった同じく犬夜叉一行の珊瑚と最終的に結ばれ、間に翡翠と双子の娘を授かった。

 しかし、自身の技であった風穴を失ったことで一戦を退き、神通力を得るために山奥で千日行を積んでいることが第13話で明らかに。翡翠はそんな父をよく思っていなかったようで「親父は戦いから逃げた」と軽蔑していた。誤解は四凶・饕餮との戦いで溶けたようだが、翡翠にとって父よりも尊敬できるのが妖怪退治屋を牽引する珊瑚の弟・琥珀だったのだろう。愛矢姫の依頼を受けたのも関東管領家の召し抱えになれば、これまで世話になった琥珀に恩返しができると思ったからだった。