フレデリック・ワイズマンの新作やアッバス・キアロスタミ息子の監督作が東京で初上映へ

フレデリック・ワイズマンの新作やアッバス・キアロスタミ息子の監督作が東京で初上映へ

 「ドキュメンタリー・ドリーム・ショー 山形in東京2020」が、11月7日より20日にかけて新宿K’s cinemaで、12月1日から5日、8日から12日にかけてアテネ・フランセ文化センターにて開催されることが決定した。

 本企画は、隔年に開催されるドキュメンタリー映画の祭典、山形国際ドキュメンタリー映画祭の翌年に東京で行う恒例のイベント。山形で上映した作品に独自のプログラムを加え、全57本を上映する。

 ラインナップの中には、『ニューヨーク公共図書館 エクス・リブリス』のフレデリック・ワイズマン監督の新作『インディアナ州モンロヴィア』や、アッバス・キアロスタミの息子であるバフマン・キアロスタミ監督の『エクソダス』など東京初上映となる作品も含まれている。

 1400本を超える応募作品から選ばれた世界の今を描くインターナショナル・コンペティション、ドキュメンタリー映画作家・小川紳介が提唱した、アジアの若い作家たちを発掘、応援する“アジア千波万波”、山形国際ドキュメンタリー映画祭2015で好評を博した企画の第2弾「Double Shadows/二重の影 2:映画と生の交差する場所」やYIDFF2019の上映作品から、刺激的な作品を発表し続ける、草野なつか、小森はるか、瀬尾夏美の3人の映画作家をピックアップした「新進気鋭の作家たち」など多くのプログラムが設けられている。

Arrow
Arrow
『光に生きる-ーーロビー・ミューラー』
ArrowArrow
Slider

■開催情報
「ドキュメンタリー・ドリーム・ショー 山形in東京2020」
11月17日(土)〜11月20日(金)新宿K’s cinema、12月1日(火)〜12月5日(土)、12月8日(火)〜12月12日(土)アテネ・フランセ文化センターにて開催
主な上映作品:
『インディアナ州モンロヴィア』アメリカ(審査員特別賞)
『十字架』(最優秀賞)
『消された存在、――立ち上る不在』(アジア千波万波 小川紳介賞)
『ハルコ村』(アジア千波万波 奨励賞)
『エクソダス』(アジア千波万波 奨励賞)
主催:シネマトリックス 
共催:山形国際ドキュメンタリー映画祭/K’s cinema/アテネ・フランセ文化センター
公式サイト:http://cinematrix.jp/dds2020/

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「映画情報」の最新記事

もっとみる