ハツラツ少女×怠けものモンスターがスターを目指す 『モンスターズ・リーグ』来年春公開決定

ハツラツ少女×怠けものモンスターがスターを目指す 『モンスターズ・リーグ』来年春公開決定

 パラマウント・アニメーションが贈るアニメーション映画『Rumble(原題)』が、『モンスターズ・リーグ』の邦題で2021年春に日本公開されることが決定した。

 本作は、モンスターと人間が仲良く共存する世界を舞台にした、ハツラツ少女と怠けものモンスターの友情と再生の物語。本作の人々は、モンスター同士が強さを競う格闘技「モンスターズ・リーグ」に熱中し、まるで地元の野球やサッカーチームのように、おらが街のモンスターを応援する。なかでも伝説と称されるほどに大人気なのが、トップスターのテンタキュラー。16歳の少女ウィニーは、のんびり屋で愛すべきモンスター、スティーブの恵まれた体格とダンスの才能を活かし、大都市にテンタキュラーを引き抜かれてしまった小さな街ストーカーで、スティーブ自身も想像していなかったような最強のチャンピオンを目指した特訓を始める。街のみんなからはまったく期待されず、橋での懸垂すらできない負け犬のスティーブは、ウィニーが連れてきた強力な謎の助っ人モンスターとの懸命なトレーニングでメキメキとその素質を開花させていく。果たして、大きさも性格もすべてにおいてデコボコな彼らはテンタキュラーに匹敵するような大スターに上り詰めることができるのか。

 『シュレック』シリーズのアニメーション・パートを務めた経験もあるハーミッシュ・グリーブがメガホンを取る。グリーブにとって本作が監督2作目。『マネーボール』『ワールド・ウォーZ』のプロデューサーであるマーク・バクシが、プロデューサーを務める。

映画『モンスターズ・リーグ』特報

 あわせて公開された特報映像では、テンタキュラーの姿や、ウィニーとスティーブの特訓の様子などが描かれている。

■公開情報
『モンスターズ・リーグ』
2021年春、全国ロードショー
監督:ハーミッシュ・グリーブ
プロデューサー:マーク・バクシ、ブラッド・ブッカー
出演:ベン・シュワルツ、テリー・クルーズ、ウィル・アーネット、ジェラルディン・ヴィスワナタン
配給:東和ピクチャーズ
(c)2020 PARAMOUNT ANIMATION, A DIVISION OF PARAMOUNT PICTURES. ALL RIGHTS RESERVED.
公式サイト:monstersleague.jp
公式Twitter:twitter.com/ParamountFamJP
公式Instagram:instagram.com/ParamountFamJP

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

音楽記事ピックアップ